「好きなようにさせてください」

のらりーパーソン〜きくっちの日記〜

【野村監督ではなく松浦静山の言葉だった!】勝ちに不思議の勝ちあり,負けに不思議の負けなし

こんにちは。

のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。

 

「勝ちに不思議の勝ちあり,負けに不思議の負けなし」という言葉を知っていますか?

私はずっとプロ野球野村克也監督の名言と思っていましたが,江戸時代の武芸家・松浦静山(まつら せいざん)の言葉だそうです。

【目次】

松浦静山とは】

松浦静山(1760-1841)は,江戸時代中・後期に生きた肥前国佐賀県平戸藩の藩主。

本名は松浦清(まつらきよし)ですが,一般には「松浦静山」の呼び名が通っています。

大名ながら心形刀流剣術の達人であり,江戸時代後期を代表する随筆集「甲子夜話(かっしやわ)」の著者でもあります。

【言葉の意味】

「勝ちに不思議の勝ちあり,負けに不思議の負けなし」の意味は,理屈でうまく説明できない不思議な勝ちはあるけれども,負ける時は必ず理由があるということ。

 

これは,誰しも「あるある!」と思い当たるのではないでしょうか?

 

たとえば,部活やゲームの対戦で,自分の調子は決して良くなかったけれども,相手が勝手に崩れてくれて,不思議と勝ってしまったこと。

あるいは,試験や仕事で結果が出なかった場合,後から振り返ると「◯◯だったから失敗したのか!」とその理由が思い当たるはずです。

【大学受験で感じた理不尽】

私がこの言葉を聞いて「なるほど!」と思ったのは,大学受験後のことです。

 

身の回りを見渡して不思議だったのは,「なんであの人が?」という人が合格していたり,反対に不合格となっている事実。

「運が良かった」「運が悪かった」で片付けるには,「あまりに理不尽!」と感じたのです。

f:id:a-kikutti:20190317151835j:plain

<Image by Foundry Co from Pixabay>

【合否には2種類いる】

しかし,「勝ちに不思議の勝ちあり,負けに不思議の負けなし」という切り口で考えると,納得がいきます。

 

つまり,合格した人は「確固たる実力があり,合格するべくして合格した人」と「実力的にはプラプラだったけれども,不思議と合格できた人」の2種類。

不合格となった人は,「実力が足りず,当然のように不合格になった人」と「合格してもおかしくない実力はあったけれども,当日体調が悪かったり苦手分野が出題されて不合格となった人」の2種類。

 

私の感覚では,「間違いなく合格する人」は2割,「間違いなく不合格となる人」は2割,残りの6割は「合格,不合格どちらにも転びうる」のではないでしょうか。

実際,東京大学などでは,「入試を2回やったら合格者の半数は入れ替わる」と言われているそうです。

【不確実性への対処】

では,この不確実性に対して,どう対処すればいいのでしょうか?

 

私は,たとえば大学受験のような「ルールがしっかり決まっている勝負事」の場合は,「負けとなる理由を徹底的につぶす」ことが有効と思います。

つまり,どのような問題を出題されても対応できるよう,抜け漏れなく苦手分野を克服して、不合格となる確率を低くするのです。

 

一方で,たとえばビジネスのような「ルールがしっかり決まっていない勝負事」の場合は,「不思議の勝ちを狙う」ことも重要です。

ビル・ゲイツスティーブ・ジョブズなどの天才といわれる人たちは,論理や理屈では「うまくいくわけがない!」と言われる領域で直感を信じてチャレンジして,大成功を収めています。

【まとめ】

「不思議の勝ち」を収めた場合,注意すべきはその後。

一発屋」としてブレイクした後,消えていく芸人,アーティスト,起業家は数多くいます。

 

彼ら彼女らは「不思議の勝ち」を収めた後,負けないため,生き残り続けるための論理的な努力が不足していたのではないでしょうか。

 

受験や就活は一発勝負ですが,仕事や人生は何度もチャレンジの機会があります。

失敗にくじけず,負けの確率を低め,勝ちの確率を高め,悠々と人生を楽しんでいきたいものです。

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com

www.kikutti.com

www.kikutti.com