魂熱ジャーナル

〜失われた魂熱(タマネツ)を求めて〜

【東京・仙台の新幹線代を安く!】オトクな週末パスのススメ

【目次】

f:id:a-kikutti:20200216124213j:plain

 

【1 東京・仙台間の移動方法】

東京→仙台,あるいは仙台→東京へ行く場合,どのような方法があるでしょうか?

(1)高速バス

 ・メリット:安い(片道2,000〜5,000円)

 ・デメリット:遅い(片道6〜8時間)

(2)新幹線

 ・メリット:速い(片道1.5〜2時間)

 ・デメリット:高い(片道約1万円) 

お金に余裕のある社会人なら,新幹線を使うことが多いでしょうが,けっこう高い!

この新幹線代を安くする方法のひとつは,金券ショップ。

ただ,利用者が多い週末など,ほしいチケットが入手できるかわかりません。

 

そこでオススメなのが,JR東日本が販売している「週末パス」です。

【2 JR東日本「週末パス」とは?】

「週末パス」とは,土日に限り関東〜南東北JR東日本の路線が乗り放題になる切符。

「週末パス」は乗車券だけですが,プラス特急券を買うことで新幹線に乗れます!

そして,「週末パス」の名のとおり,土日・祝日に使うことができます。

 

f:id:a-kikutti:20200216083456j:plain

 

オレンジ色が利用可能日。

2020年2月現在,2021年3月分まで,つまり約1年先の分まで販売しています。

かなり先の分まで明示されているので,予定を立てやすい!

【3 「週末パス」でいくら安くなる?】

週末パスでいくら安くなるかといえば,ズバリ,約3,000円!

最速90分の「はやぶさ」で計算してみました。

 

【正規料金】

 ・片道 11,410円×2=22,820円

【週末パス】

 ・週末パス 8,880円

 ・特急券 片道 5,360円×2=10,720円

 ・合計 19,600円

【差額】

 ・22,820円−19,600円=3,220円

 

なんと,3,220円もオトク!

しかも,新幹線を降りた後,目的地との往復もJR線は乗り放題。

たとえば……

・東京駅で降車 →山手線で渋谷へ(片道200円,往復400円)

・仙台駅で降車 →仙石線石巻へ(片道860円,往復1,720円)

3,220円+(400円〜1,720円)=3,620円〜4,940円もオトクです。

【4 「週末パス」のフリーエリアは?】

「週末パス」のフリーエリアは,東京や仙台以外に横浜,千葉,熱海,高崎,長野。

さらに,新潟,いわき,山形,酒田,女川まで,幅広くカバーしています。

週末,東京や仙台を起点にちょっと足を伸ばすなら大活躍しそうです!

 

f:id:a-kikutti:20200216092121j:plain

【5 「週末パス」はどこで購入できる?】

「週末パス」は,みどりの窓口びゅうプラザ,券売機,主要旅行会社で購入できます。

この中では「券売機」がもっとも並ばず,パパッと買えるのでオススメです。

忘れずに,新幹線の特急券も一緒に買ってしまいましょう!

【6 「週末パス」使用の留意点】

オトクな「週末パス」ですが,以下に留意しましょう。

・購入は利用日の前日まで。利用日当日の購入はできない

ゴールデンウィーク,お盆,年末年始は対象外

・連続する2日間で利用可能

【7 使用済み「週末パス」の活用法】

たとえば,「土日2日間の有効期限があるけれど,土曜に日帰りした」とか「日曜の午前中に帰ってきた」という場合,金券ショップで買い取ってもらえます。

変動はありますが,東京チケットの場合,以下が目安となります。

・土曜      →2,000円

・日曜午前    →1,500円

・日曜12〜15時 →1,000円

・日曜15〜17時 →500円

あるいは,ヤフオクだと,4,000円前後で売れる場合もあるようです!

ただ,週末パスを渡す方法,手間などを考えると,金券ショップが無難かなと思います。

 

【参考 JR東日本公式「おトクなきっぷ」】 

www.jreast.co.jp

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com