魂熱新聞

〜失われた魂熱(タマネツ)を求めて〜

【君の名は?】バレンタインデーのほろ苦い思い出

今日はバレンタインデー。

 

私はあまりモテた記憶がなく,バレンタインデーでチョコをもらって「やった!」という思い出がほぼありません(涙)

ああ,つきあっている彼女からの本命チョコや,仕事関係での義理チョコはありますよ。

 

しかし,男たるもの,「彼女以外の女性」×「本気」のチョコこそ,モテ度のバロメーターであり,うれしいのです(笑)

 

そんな私が経験した「唯一の快挙&ほろ苦い思い出」は,中学3年の出来事です。

f:id:a-kikutti:20190213205926j:plain

【目次】

【朝,机の中に】

バレンタインデーの朝,登校してカバンから机に教科書を入れようとすると,「ガツッ」と堅いものに当たりました。

ふだんからモテるわけでもなく,予兆もぜんぜんなかったのに,「これはチョコだ!」と直感的にわかりました。

 

しかし,後ろの席の友人たちが,「あいつ,机になんか入ってるぞ!」「チョコじゃね?」と,じっと見ている視線を感じました。

 

机から取り出して周りに見られたら冷やかされると思い,ブツをグイッと隅に寄せ,なんとか教科書を入れました。

その後,友人たちの鋭い目を盗み,苦労してカバンに入れました。

【手紙とチョコ】

中身を確認したのは,部活が終わって帰宅してから。

ドキドキしながら包装紙を開けると,手紙と手作りのチョコが入っていました。

 

手紙の内容から察せられたのは,どうやら後輩であること。

 

そして,返事がほしいとか,つきあってほしいとかではなく,ただ,そばで見てきた,ただ,この気持ちを伝えたい,ということでした。

f:id:a-kikutti:20190213210902j:plain

【名前がわからない】

手紙には名前が書いておらず,誰からなのかわかりませんでした。

 

あくまで推測ですが,彼女自身の「想い」を伝えることで精いっぱいだったからでしょうか?

あるいは,私は彼女の存在を認識していないだろう,私からの反応は期待できないだろうと考えて,あえて書かなかったのでしょうか?

 

ただ,想いを伝えたい。

「純情」という言葉以外,思い浮かびません。

 

と同時に,「どうしよう,返事の返しようがない」「自分はとても罪深いことをしていたのではないか?」と後ろめたい気分になりました。

【母に見つかる】

真心のこもった手紙とチョコを家の机の引き出しにしまい,数日かけて食べていたところ,なんと母に見つかってしまいました。

 

どうして,息子の机の引き出しを開けるかな?(苦笑)

妹にもバラされ,さんざん冷やかされました。 

【まとめ】

中学で後輩と接する機会は限られており,たぶん部活の後輩だったのかな,と思います。

ただ,私の所属した部活は男女の共同練習がなく,あまり仲も良くなかったので,後輩の女子のことはまるでわからないのです。

 

結局,私は何の返信もできませんでしたが,彼女の純情は満たされたのでしょうか?

 

「女性の記憶は上書き,男性の記憶は別保存」といいます。

 

私は「バレンタインデー唯一の快挙」だっただけに,「誰だったのかな〜?」と未練たらしく思い出しますが(笑),彼女はきれいさっぱり忘れて元気に暮らしているような気もします(^^)

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com