魂熱ジャーナル

〜失われた魂熱(タマネツ)を求めて〜

達人伝(王欣太)第161話「気炎,怒涛のごとく」感想

【目次】

達人伝あらすじ

中国の春秋戦国時代

 

天下統一を目指す秦に故国を滅ぼされ,親友を殺された荘丹(そうたん)は,秦の野望を砕くことを決意。
 

志をともにする仲間2人と出会った荘丹は,戦国四君(斉の孟嘗君,趙の平原君,魏の信陵君,楚の春申君)の助けを得ながら,秦に対抗する力を蓄えていく。

 

2代続く王の死に揺れる秦に対し,魏の信陵君を盟主に,五国連合軍が結成。

荘丹たちは,少年・邦(バン)=のちの劉邦とともに決戦の地へ繰り出す! 

 

 

ひとことでまとめるなら

 

冷徹で安定した体制の樹立を図る「紳士」(=公権力を持つ人々)と

その阻止を図る「流氓」(りゅうぼう=さすらい歩く人々)

 

の戦いの物語。

 

 

作者は,従来の三国志観にパラダイムシフトを起こした伝説的名作「蒼天航路王欣太(キングゴンタ)先生。 

 

蒼天航路の魅力について100倍くらい書きたいことはありますが(笑),胃もたれしない程度にまとめた感想がこちら。

 

www.kikutti.com

 

 

王欣太先生とは,20年くらいずっと会いたい!と願っており,2019年に実現。

 

気難しくて,怖そうな先生かと勝手に想像していたら,気さくでサービス精神あふれる,気のいいおっちゃんでした(笑)

 

でもやっぱり超一流のクリエイター!と尊敬できる素晴らしい方。

 

 

ちなみに,「王欣太」は中国人ぽい名前ですが,「蒼天航路」に取り組んだとき中国人になりきって描くぞ!と勢いでつけたペンネームだそうで,ばりばり,コテコテの関西人です(笑)

 

www.kikutti.com

 

達人伝とキングダム

「達人伝」は,「キングダム」(原泰久先生・集英社)とほぼ同じ時代。

(正確にはキングダムの数十年前)

キングダムは,主人公の信が秦王・政とともに天下統一を目指し,成長・活躍していく王道の物語で,アニメ版・実写版が映画化されている人気作品です。

 

キングダムは,最新の連載誌までひととおり読んでおり,物語の展開も迫力ある画力も素晴らしい作品と思いますが,個人的には「蒼天航路」以来,王欣太先生の大ファン。

 

 

キングダムとほぼ同じ春秋戦国時代を描きながら

 

・史実に残らない流氓(りゅうぼう)が歴史を動かす斬新な視点

・権力や支配体制にあらがい,自由を追求して連帯する精神

・史実を押さえつつ,予想を遥かに超える解釈と描写

水墨画調はじめ,自由闊達でのびやかな画風

・命を超えて受け継がれる熱い「侠」の魂

 

などの点において

「達人伝」は「知性と感性を圧倒的に刺激する大人向けの作品」です。

 

 

もちろん,人それぞれ好みの違いはあり,誤解のないよう補足しておくと,キングダムが子ども向けというわけでは,決してありません(笑)

 

ある意味で,描き尽くされた「王道路線の歴史もの」のレッドオーシャンで,おもしろく描いて多くの人に受け入れられることは,難事中の難事であり,正義であり,素晴らしい。

 

私自身,純粋に楽しむエンターテインメント作品という意味で,キングダムはめちゃくちゃおもしろいと思います。

 

とはいえ,総合的にはキングダムより断然「達人伝」推しなんですけどね(笑)

 

 

キングダムを読んだり,観たりしたことがある方は,「達人伝」と「キングダム」の共通点や違いを比較する観点から楽しむのも,おもしろいと思います!

 

【達人伝公式サイト】

tatsujinden.jp

【無料で読める「達人伝」ダイジェスト版】

https://www.futabasha.co.jp/tachiyomi/reader.html?pc=1&fd=tatsujinden_digestLR

 

【前回の感想はこちら】

www.kikutti.com

達人伝第161話「気炎,怒涛のごとく」〜秦軍総帥・蒙驁の魅力〜

秦軍総帥・蒙驁(もうごう)の魅力が全開です!

 

信陵君(しんりょうくん)のただならぬ気配を早々に察知する直観。

 閉門の機を冷静に見極める論理。

今後の戦の帰趨を見据えた大局観。

 

王翦(おうせん)が,麃公(ひょうこう)や桓齮(かんき)の帰還を待たず閉門を指示するのを,「まだならぬ」と止めたシーンに蒙驁の本質が現れています。

 

なぜ,蒙驁は閉門を止めたのか?

 

敵兵の侵入を確実に阻止するには,王翦の指示したタイミングが合理的で妥当。

しかし,蒙驁は1人でも多くの将兵の命を救いたかったのではないか?

 

と同時に戦闘のその先を見据え,「秦軍は将兵を見捨てることはない」というメッセージを発したかったのではないか?

 

そして,蒙驁の本性は「武」なんですね。

わが子を「蒙武」と名づけ,信陵君をただひとり待ち構える自信満々の不敵な笑み。

 

まぎれもなく,武に生きて武に死すことを本望とする「武人の顔」です。

この絵の圧倒的な迫力,剣の交差する金属音が聞こえてきそうでヤバいですね!

 

f:id:a-kikutti:20200619115250j:plain

<信陵君を待ち構える蒙驁〜漫画アクション2020/7/7号「達人伝」より〜>

 

 

つき従う部下として,蒙驁ほど頼もしく信頼できる上司はいない。

つき従える上司として,蒙驁ほど安心して任せられる部下はいない。

 

まさに理想の上司像であり,「よろしい」「ご苦労」「来なさい」など丁寧で自信に満ちあふれた口調からは「蒙驁先生!」「蒙驁部長!」と呼びたくなります(笑)

 

ではここで,蒙驁先生からの問題です。

Q 蒙驁先生が,帰還した麃公から「ご苦労」と剣を奪い取ったのはなぜでしょうか?

 

A1 二刀流で信陵君を迎え撃つため

A2 兵士から奪い取ったら,兵士が丸腰になり危険なため

A3 二刀流の麃公なら1本取っても問題ないため

A4 兵卒より隊長の麃公の方が良い剣を持っているため

A5 お疲れさま,ここからは私の仕事だよと伝えるため

A6 お洒落な麃公の剣が欲しかったため

 

A6以外,すべて正解です(笑)

f:id:a-kikutti:20200619143854j:plain

<麃公と蒙驁漫画アクション2020/7/7号「達人伝」より〜>

 

 

また,最終ページで蒙驁が「閉門」と叫ぶ場面ですが,かつてこれほど豪壮な閉門シーンがあったでしょうか?

 

防御する側は,攻撃側を上回る気合いと迫力が必要。

さもなければ,怒涛の勢いに一瞬で呑み込まれかねない。

 

ビジネスやスポーツはじめ,勝負事の世界における鉄則ですね。

 

f:id:a-kikutti:20200619115159j:plain

<閉門を指示する蒙驁漫画アクション2020/7/7号「達人伝」より〜>

 

達人伝第161話「気炎,怒涛のごとく」〜愛すべき麃公〜

函谷関警固隊長の麃公が,じつにいい味を出しています。

 

「うおお 熱つっ…」「やばいぞ こりゃあ〜〜」と,危機察知能力は抜群。

「しっかしな〜〜少しぐらい狙う隙があるんじゃないのか〜?」手柄を狙う野心も十分。

 

さらに,自在に暴れ回りながら,「桓齮!端和!撤収だ!退けい!」と敏感な判断能力。

「退けい桓齮 今すぐだ!!」と手荒く背中を蹴って救出し,最後尾で兵卒を守る責任感。

 

麃公が腕をぐるんぐるんさせ,汗をかきかき,「退けい 退けい 皆退け〜い」「急がんと門を閉められてしまうぞーっ」「関門に駆け込め〜いっ」」などのセリフと表情は,チャーミングですらあります(笑)

 

f:id:a-kikutti:20200619115702j:plain

 <退却を指示する麃公〜漫画アクション2020/7/7号「達人伝」より〜>
 

 

冷静な合理主義者の王翦は,ふだんの演習で7,8割方の味方が関門に駆け込んだら,残りの2,3割は,たとえ隊長であろうと平気で閉め出していたのでしょう。

 

実際,王翦は揚端和が帰還したタイミングで閉門を指示しており,蒙驁が「まだならぬ」と止めなければ,麃公も桓齮も閉め出されるところでした。

 

f:id:a-kikutti:20200619115558j:plain

 <閉門を指示する王翦とそれを制止する蒙驁〜漫画アクション2020/7/7号「達人伝」より〜>

 

 

今回は,蒙驁や信陵君の引き立て役になった感はありますが,麃公さんを現代ビジネス界に放り込んだら,どうでしょう?

 

ふつうのお堅いサラリーマン組織では,タラタラさぼっているダメ社員。

しかし,「時機」「場所」「仲間」を得れば,ユニークで良い仕事をしそうな気がします。

 

よく考えれば,武将は主君に仕える意味で,サラリーマンと同じ。

麃公さんは,気ままで自由なフリーランス個人事業主が向いてそうですね(笑)

 

達人伝第161話「気炎,怒涛のごとく信陵君の気炎

「これほど顕著に気炎を煽り立てられる者は 天下にただひとり」と蒙驁に言わせる信陵君。

 項羽の祖父・項燕(こうえん)はじめ,連合軍全体に信陵君の気炎が伝播します。

 

f:id:a-kikutti:20200619120309j:plain

 <信陵君の気炎が伝播する項燕〜漫画アクション2020/7/7号「達人伝」より〜>

 

 

この信陵君の気炎は,ライヴの演者と観衆の盛り上がりに近いイメージでしょうか?

ふと想起したのは,1985年のライヴ・エイドでクイーンが披露した伝説的なパフォーマンス。 

 


Queen - Full Concert Live Aid 1985 - FullHD 60p

 

 

あるいは,マーチン・ルーサー・キング牧師の「私には夢がある」の歴史的な演説。

 


【日本語字幕】キング牧師 「私には夢がある」~ Martin Luther King "I Have A Dream"(Japanese Subtitles )

 


そもそも,「気炎」とは何か?

「志」「器」「熱」が,渾然一体となって発露されるエネルギーとでもいえるでしょうか。

 

群雄割拠する春秋戦国時代,「戦国四君」のひとりとして歴史に名を残し,秦に対する最後の合従連衡軍をまとめあげた中原の英雄・信陵君の気炎は,いかほどのものか?

 

現代政治家が吐くポピュリズムの気炎と桁違いであろうことは,想像に難くありません。

 

f:id:a-kikutti:20200619120447j:plain <信陵君率いる連合軍〜漫画アクション2020/7/7号「達人伝」より〜>

 

達人伝第161話「気炎,怒涛のごとくまとめ〜 

「冒頭,春申君が足を引きずっているのはなぜ?」

「 まさか信陵君はやられてないよね?馬が斬られただけ?」

「蒙驁は額を斬られたようだけど大丈夫?」

 

などなど,楽しみは尽きません。

 

次回に乞うご期待です!

 

【最新刊の電子版】 

 

【とりあえず数冊読んでみたい方】

達人伝 ~9万里を風に乗り~ コミック 1-4巻セット (アクションコミックス)

達人伝 ~9万里を風に乗り~ コミック 1-4巻セット (アクションコミックス)

  • 作者:王 欣太
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2014/02/28
  • メディア: コミック

 

【ガッツリ全部読みたい方】 

[rakuten:comi-choku:10665339:detail]

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com

 

www.kikutti.com