魂熱ジャーナル

〜失われた魂熱(タマネツ)を求めて〜

達人伝(王欣太)第154話「覇気、伝播!」感想

漫画アクション連載「達人伝」(王欣太・作)第154話「覇気、伝播!」を読みました。

【目次】

達人伝あらすじ

「そもそも,達人伝ってなに?」

という方のために,あらすじを紹介すると……

中国の春秋・戦国時代。

天下統一に迫る秦により国を滅ぼされ,親友を殺された荘丹(そうたん)は,秦の野望を砕くことを決意。

 

志をともにする仲間2人と出会った荘丹は,戦国四君の助けを得ながら,秦に対抗する力を蓄えていく。

 

2代続けての王の死に揺れる秦に対し,魏の信陵君を盟主に五国連合軍が結成。

荘丹たちは,少年・邦(バン)=のちの劉邦とともに,決戦の地へ繰り出す!

 

無理を承知でひとことでまとめるなら,

「冷徹で安定した体制の樹立を阻止しようとするアウトローたちの熱き戦いの物語」

 

作者は,従来の三国志像を破壊し,まったく新しい世界観を創造した傑作「蒼天航路」の王欣太(キングゴンタ)先生です。 

www.kikutti.com

www.kikutti.com

ちなみに,「達人伝」の舞台は,原泰久先生の「キングダム」より数十年前〜ほぼ同じ時代です。

たとえば,秦王・政や秦の宰相・呂不韋など,「達人伝」「キングダム」両作品に共通して登場する人物の「描き方のちがい」を味わうのもおもしろいと思います。

 

【達人伝公式サイト】

tatsujinden.jp

【無料で読める「達人伝」ダイジェスト版】

https://www.futabasha.co.jp/tachiyomi/reader.html?pc=1&fd=tatsujinden_digestLR

 

f:id:a-kikutti:20200209100609j:plain

 

達人伝154話〜秦が中華統一できた理由〜

秦はなぜ初めて中華を統一できたのか?

それは,「法」というルールによる統治,合理的な統治を徹底したたため。

 

「徹底した法治国家の先駆者」という意味で,「近現代国家の原点は秦にあり!」といってもよいのではないかと思います。

 

最大多数の最大幸福を得るためには,たしかに「法」という共通ルールによる統治体制がもっとも効率的かつ効果的で,安全かつ安心でしょう。

達人伝154話〜天下のはみ出し者の居場所〜

ただ,それも程度問題というか,あまり厳格で窮屈な統治体制を敷くと,

「そんなルールには従いたくない!」

「オレはワタシは,物でも機械でもない!」

「理屈ではなく,感情で動く生き物なんだ!」

という人々が,そこそこな割合で発生するわけです。

 

彼ら彼女らの存在を認め,居場所を確保してあげること。

天下統一を果たしたものの,わずか15年で秦が滅亡した原因のひとつは,そのあたりにあるのではないでしょうか?

達人伝154話〜まとめ〜

厳格で画一的なルールを人々に強制し,効率性,合理性をひたすら追求する国や企業って,現代でもけっこうありそうですね。

 

あれ,達人伝第154話の感想を熱く語るつもりが,まじめでつまらないことを書いてしまいました(笑)

 

あわせて読みたい 

www.kikutti.com

www.kikutti.com

 

【「達人伝」コミック最新刊の感想】

www.kikutti.com

 

【とりあえず数冊読みたい方へ】

達人伝 ~9万里を風に乗り~ コミック 1-4巻セット (アクションコミックス)

達人伝 ~9万里を風に乗り~ コミック 1-4巻セット (アクションコミックス)

  • 作者:王 欣太
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2014/02/28
  • メディア: コミック
 

 

【ガッツリ全部読みたい方へ】 

達人伝~9万里を風に乗り~ コミック 1-25巻セット

達人伝~9万里を風に乗り~ コミック 1-25巻セット

  • 作者:王欣太
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2019/12/27
  • メディア: コミック
 

 

【ガッツリ全部読みたいけど電子版がよい方へ】