「好きなようにさせてください」

のらりーパーソン〜きくっちの日記〜

【過去に500回も!?】「対面同席五百生」を知っていますか?

こんにちは。

のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。

 

対面同席五百生(たいめん どうせき ごひゃくしょう)という言葉を知っていますか?

仏教の言葉で,「いま,対面して同席している人は,過去世で500回の縁がある」という意味です。

【目次】

500回の凄さ】

「過去世で500回も縁がある!」という考え方は衝撃です。

過去世は動物だったかもしれませんが,もし人間だった場合の妄想シミュレーションをしてみましょう(笑)

 

仮に,平均寿命50年×500回生きると2,500年。

人類の歴史を700万年とすると,2,500年÷700万年=0.04%なので,たいした長さではありません。

 

しかも,世界中を移動するようになったのは,せいぜいこの100年。

狩猟採集生活時代の移動範囲は,限定的だったことでしょう。

 

そもそも,人類の数が少ないので,縁を持つ相手は極めて少数。

生涯に出会える,縁がある人の数は,せいぜい1,000人くらい?

ということは,1,000人×500回生きる=50万人と縁を持つ計算ですが,「生まれ変わる度に,特定の人と500回繰り返し縁を持つ」のは,ストーカーどころの騒ぎではありません(笑)

 

数字の根拠はまったくの謎ですが(笑),過去世で500回の縁はめちゃくちゃすごいことは間違いなさそうです。

【浅縁,深縁,良縁,悪縁】

「袖振りあうも多生(たしょう)の縁」という言葉があります。

対面同席五百生と同じような意味ですが,「袖が振りあう」程度は「浅い縁」

親子,夫婦,パートナー,親族,友人,同僚などの縁は「深い縁」です。

 

また,「良縁」「悪縁」もあります。

良縁に恵まれて幸せになる場合もあれば,悪縁に振り回されて不幸に苦しむ場合もあるでしょう。

 

500回も縁があれば,関係性は毎回異なり,浅い縁が深い縁となったり,悪縁が良縁となったり,様々な変化があるのではないでしょうか。

アンネ・フランクとの縁】

以前,ドイツ・フランクフルトのユダヤ人墓地へ行った際のことです。

強制収容所で亡くなったユダヤ人の名前を刻んだ鉄のプレートが,四方を囲む壁一面に埋め込まれてありました。

 

その何千,何万あるプレートの中からなんとなく1つを選んで撮影し,帰国後によく見て鳥肌が立ちました。

「アンネリース・フランク」と刻まれているのです。

「まさか!」と思って調べたところ,生年月日や死亡時期・場所など,あの「アンネの日記」で有名な「アンネ・フランク」に間違いありません。

 

友人に話したところ,「アンネの魂に呼ばれたね!」

スピリチュアルな話はあまり信じない方ですが,ただの偶然ではなく,「なんらかの縁があったのかな?」という気がしています。

f:id:a-kikutti:20190319212301j:plain

<アンネリース・フランク 1929.6.12生まれ-1945.3ベルゲンベルゼンで没,と刻印されている>

【まとめ】

対面同席五百生の本質は,「どこでどのような縁があるかわからない。出会いを大切にしよう!」ということ。

過去世や来世のことはよくわかりませんが,現世では巡り巡って思わぬ縁が幸運をもたらすこともあります。

一期一会,大切にしていきたいものです。

 

 【あわせて読みたい

www.kikutti.comwww.kikutti.com

www.kikutti.com