「好きなようにさせてください」

のらりーパーソン〜きくっちの日記〜

【桃園の誓い〜春風桃花のころに契りを結び〜】王欣太作「蒼天航路」の魅力について

こんにちは。

のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。

 

これまでブログで200以上の記事を書いてきましたが,じつは意識的に取り上げてこなかったテーマがあります。

取り上げてこなかったというか,溢れ出す愛が深く広く大きすぎて,どこから手をつけていいかわからなかったからです(笑)

 

それは,三国志

 

小学5年で吉川英治の「三国志」を読んで以来,約30年。

横山光輝陳舜臣北方謙三など様々な「三国志」に親しんできました。

その中でも私が最高傑作と思い,今なお再読して唸らされる作品が,王欣太氏の漫画「蒼天航路」です。

 

モーニング誌上での連載終了は2005年ですが,不滅の光を放つ不朽の名作です。

【目次】

f:id:a-kikutti:20190326215003j:plain

【三度の飯より蒼天航路

蒼天航路の魅力について語れ!」と言われれば,三日三晩でも話し続けられる気がします(笑)

 

無人島に本を持って行くとすれば?」

「死の間際,枕元に置いておきたい本のひとつは?」,

「人生にもっとも大きな影響を与えた本のひとつは?」

 

いずれの問いに対する答えも「蒼天航路!」と言えば,私の偏愛ぶりが少しは伝わるでしょうか?(^^)

【具体的な魅力】

「もっと具体的に,どこがどう凄いのか言ってくれ!」という向きもあるでしょう。

耐えがたきを耐え,忍びがたきを忍び(笑),その魅力を端的に箇条書きにしてみます。

 

・「乱世の奸雄(かんゆう)」として悪役イメージのある曹操を主人公に据え,まったく新しい三国志像を展開

・フィクションの多い三国志演義」ではなく「正史」をベースとして,独自の解釈に基づく世界観を創造

・主役級に限らず,登場人物ひとりひとりのキャラクターが愛おしいほど魅力的

・読むほどに深く,美しく,真理を内包した感動的なセリフの数々

・血沸き肉躍る戦闘から淡々とした心理描写まで,大胆にして繊細なタッチで描き上げる圧倒的な画力

 

少しは私の敬愛ぶりが伝わったでしょうか?(^^)

【桃園の誓い】

魅力を具体的に紹介しましょう。

以下をご覧ください。


<王欣太作・蒼天航路講談社)その三百七十九「戦線」より抜粋>

f:id:a-kikutti:20190326215104j:plain

f:id:a-kikutti:20190326215256j:plain

f:id:a-kikutti:20190326215413j:plain

f:id:a-kikutti:20190326215510j:plain

<引用ここまで>

【解説】

「春風桃花(とうか)のころに契りを結び 以来 大旱(たいかん)に雲霓(うんげい)を望み四十年」

「今 乱世に わが大王の道を拓く!」

 

このセリフに私はビリビリしびれてしまうのですが(笑),「なんのことやら?」と思われる方のために解説します。

 

セリフの人物は,三国志上,最強といわれた武将の関羽(かんう)。

 

劉備関羽張飛の三人は,若き日に「生まれた日は別だけれども,死ぬ時は一緒だ!」「ともに乱世を静めよう!」と桃の花の下で,義兄弟の契りを結びます。

 

この「義兄弟の契りを結ぶ」こと自体,洋の東西を超えて類を見ない「至純の絆」ではないでしょうか。

親きょうだいですら裏切り行為が日常茶飯事の乱世にあって,3人は生涯この誓いを貫き通します。

 

混乱の時代にあって,劉備たちは流浪に次ぐ流浪を重ね,10年,20年,30年戦い続けても,寄って立つ土地を得ることができません。

関羽張飛も天下無双の豪勇を誇りながら,その武を発揮するのは負け戦の時ばかり。

 

しかし,「流浪の大器」といわ続けた劉備は,ついに50代半ばで念願の地・蜀を得ます。

それまで守り,逃げ続けるばかりだった関羽も,ようやく魏への侵攻を開始します。

 

桃園の誓いから40年。

40年ですよ,40年!

関羽はこの時,おそらく50代半ば。

 

大旱(たいかん)は大ひでり,雲霓(うんげい)は雨の前ぶれとなる雲や虹のこと。

まさに,大干ばつ時に雨を乞い願うような切実な気持ちで,劉備が花咲くのを40年も待ち望んできて,ようやくその基盤を得た。

 

今回の出撃は,主君・劉備の天下統一の夢をかなえるための第一歩。

天下無双の武を思う存分,敵に叩きつけられる喜びに,関羽の胸はどれだけ躍ったことでしょうか。

 

<むりやり現代にたとえると>

15歳の頃,「おれたちは義兄弟!死ぬまで一緒だ!」と誓いを立てた3人が,起業と倒産を何度も繰り返して,50代でようやくブレイク。

業界ナンバー3の勢力を占める企業の大黒柱として,他社と激烈な競争を開始した,という感じでしょうか。

うーん,時代背景が違いすぎるので,かえってわかりづらいですね(汗)

【まとめ】

私の溺愛ぶりが少しは伝わったでしょうか?(^^)

日本は桃より桜を愛する文化ですが,春風を感じ,桃の花を見かけたら,劉備関羽の「桃園の誓い」に想いを馳せ,蒼天航路をめくってみてはいかがでしょうか? 

極厚 蒼天航路 全12巻完結セット (モーニングKCDX)

極厚 蒼天航路 全12巻完結セット (モーニングKCDX)

 

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com

www.kikutti.com