魂熱新聞

〜失われた魂熱(タマネツ)を求めて〜

卒業式で学生服の第2ボタンを本命に渡す理由

 

いま振り返ると人生最大のモテキを逃したか!?と思うのですが(笑),中学校の卒業式後,学生服のボタン2個を女子にあげました。

【目次】

【不思議な風習】

当時,卒業する男子は,女子の求めに応じて学生服のボタンをあげる風習がありました。

今もあるのでしょうか?どなたか教えてください!(笑)

 

私は彼女もおらず,恋愛関係はうとい方でしたが,そのような風習の存在はなんとなく聞いていました。

【第1の女子たち】

卒業式後,男友達数人と帰ろうとしていたところ,後輩とおぼしき女子数人が寄って来ました。

「後輩とおぼしき」というのは,同級生であればわかりますが,見覚えのない女子たちだったので,「後輩なのだろう」と推測した次第です。

 

しかも,その後輩女子たちは,誰かに頼まれてワチャワチャ楽しんで来たような雰囲気で,告白のような切迫した雰囲気は感じられませんでした。

「ボタン,もらえませんか?」と言うので,「明日からこの学ランも着ないし,いいか」と考えて,「はいよ」と一番上の第1ボタンをブチッとちぎって渡しました。

 

男友達数人に「ヒューヒュー!」と冷やかされるのが恥ずかしくてイヤでした(苦笑)

【第2の女子たち】

家に向けて男友達数人と歩いていると,べつの後輩とおぼしき女子数人が追いかけて来ました。

例によって,ワチャワチャした代理の雰囲気。

「ボタン,もらえませんか?」と言うので,上から2番目の第2ボタンをブチッとちぎろうとして,「待てよ?」と一瞬思いとどまりました。

 

とんと恋愛にうとい私でも,「第2ボタンは特別な意味がある」「第2ボタンは本命に渡すもの」という話を聞いたことがあったからです。

f:id:a-kikutti:20190323151131j:plain

【第2ボタン伝説】

なぜ,第2ボタンは本命に渡すのでしょう?

順番から言えば,やっぱり「第1ボタン」が「第1夫人」「正室」的な雰囲気がしますが……(笑)

 

しかし私は意中の本命がいるわけでもなく,「あえて第2ボタンを残す必要はないか?」「まあ,上から順番でいいか!」と考えて,「はいよ」と第2ボタンをブチッとちぎって渡しました。

 

後輩女子たちは,なにやら喜びの声をあげているようでしたが,男友達数人に「おお,第2ボタン渡しちゃったよ?」「ヒューヒュー!」と冷やかされるのがイヤで,足早にその場を立ち去りました。

【まとめ】

なぜ第2ボタンを渡すのか調べたところ,以下の説があるようです。

 

  • 第1ボタンは自分,第2ボタンは大切な人の意味
  • 第2ボタンは心臓に近い,ハートをつかむ意味
  • 学ランは第1ボタンを外し,第2ボタンを触ることが一番多い
  • 戦時中,出征兵士が,第1ボタンを外すとだらしなく見えるが,第2ボタンは外しても目立たないから形見とてし大切な人にあげた
  • 映画「予科練物語 紺碧の空遠く」のシーンに由来
  • 柏原芳恵の歌「春なのに」の歌詞に由来

 

そうだったのか!!!

深く考えず渡したけど,大丈夫かな?(^_^;)

 

あわせて読みたい】 

www.kikutti.com