魂熱ジャーナル

〜失われた魂熱(タマネツ)を求めて〜

史上最大のNOGUSO作戦

突然ですが、屋外で固形物の排泄行為(いわゆる野○ソ)をしたことがありますか?

 

私はあります。

子どものときではなく、大人になってから。

春の兆しを感じさせる、なま暖かい冬の日の出来事でした。

【目次】

【終わりの始まり】

その日は朝から、おなかの調子が少々変でした。

 

最寄りの地下鉄の駅を降りてから、職場まで徒歩20分。

イヤな予感を抱えながら「まあ、20分くらい、大丈夫だろう」と歩き始めました。

しかし案の定,歩いて5分ほどすると、猛烈な腹痛が襲ってきたのです。

 

ふだん、私のおなかは従順な兵士のように、「今は大事な時じゃ!静かにしておけい!」と命じると、不穏な気配が多少あっても、しばらくはピタリとおとなしくなるのです。

 

ところがその時は「今までさんざんガマンしてきたが、もう耐えられねえ!」と反乱を起こす勢いで、腹痛が暴れ始めたのです。

 

私はあせりました。

「冷たい脂汗が流れる」という経験をしたのは、人生であれが初めて。

立ち止まってしゃがみ込んだところ、さらに圧が強くなり、あわてて立ち上がりました。

 

「腸の活動を抑えたらどうだ?」とスーツのベルトをギュッと締めたところ、逆効果だったようで、さらにさらに圧が増大。

 

「天は我を見捨てたもうたか!」

 

空を仰いでから、「いかん、この上を見る姿勢は便秘に効くポーズだった」と思い出しました。

水がいっぱい入った透明のビニール袋につまようじをそっと当て,あとほんの少し力を入れたら破裂するようなギリギリの感覚。

本当にもう、これ以上耐えがたくなりました。

安西先生の声

そのとき

 

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ…?」

 

スラムダンク安西先生の声が聞こえてきました(幻聴)

 

多くの通勤サラリーマンが行き交う路上で、ひとり立ちつくす私。

 

顔面蒼白、脂汗を流しながら、悪寒でガチガチ奥歯を鳴らし、握りしめた拳の爪を手のひらに食い込ませ、全身を震わせながら、安西先生の言葉を一途に信じ、さらに耐えました。

 

すると、天使が舞い降りてきたのです。

あの耐えがたい激甚な腹痛が,スーッと引いたのです。

【悪魔再来】

再び、私は歩き始めました。

あと15分。

15分歩けば職場に着き、トイレへ駆け込むことができます。

 

「あわてるな、落ち着け。あわてると、再びあの腹痛が襲ってくる!」と自分に言い聞かせながら歩くこと5分。

 

悪夢再来。

しかも、前にも勝る圧倒的、絶望的、悪魔的な勢いで。

 

安西先生!トイレがしたいです!」

 

涙目になりながら空を見上げましたが、雲の形をした安西先生はニコリとするだけで、何も答えてくれません(幻視)

【極限状態での決断】

ガクブル状態でハッと我に返った私は、最寄りのトイレを探し始めました。

ところが、このあたりはコンビニや飲食店がなく、20分の通勤ルートの中間地点。

もっとも近いトイレは10分先の職場か、10分戻った地下鉄駅のトイレしかありません。

 

とても10分など歩けそうになく、せいぜい10歩。

かつ、1分以内。

可及的速やかに決断、行動しないといけません。

史上最大の作戦

以下、心の声です。

「殿、ご決断を!」

「漏らすという恥辱は耐えられませぬ!」

「そのへんの家に駆け込み、トイレを借りてはいかがか?」

「断られたらどうする?もはや猶予はない!」

「皆の衆,あいわかった!NOGUSO作戦を決行する!総員配置につけい!」

(この間20秒) 

 

かくして、自分史上最大レベルのリスクを抱えた「NOGUSO作戦」が始動。

まずは,最大の懸案である「投下ポイント」を,アパート裏の物陰になっている空き地に決定。

(この間20秒)

 

作戦完遂に必要となる戦略物資(ティッシュ)を確認し、敵兵(住民、通行人)に見つからぬよう最短最速、小走りかつ内股で移動。

(この間10秒)

 

そして、最も重要かつ危険なのが、危険物を投下するまでの一連の動き。

「間に合った!」と油断してお尻の括約筋を緩めてしまうと、「ああ〜っ」と全作戦が瓦解しかねません。

 

しかし、そこは優秀なわが肉体。

天使のように大胆に、悪魔のように細心に、完璧に作戦を遂行しました。

(この間10秒)

f:id:a-kikutti:20200215143758j:plain

【世界は美しい】

「ああ、なんて世界は美しいんだ!安西先生、ありがとうございます!」

 

スッキリ晴れ晴れした気持ちになった私は、安西先生が助けてくれなかったことも忘れ、思わず声に出してつぶやきました。

なま暖かい風が,やさしくお尻をなでていきました。

 

ちなみに、そのとき使ったティッシュは「鼻セレブ」。

鼻セレブ」が「尻セレブ」になったというわけです。

ネピア 鼻セレブティシュ 400枚(200組)×3コパック

ネピア 鼻セレブティシュ 400枚(200組)×3コパック

  • 発売日: 2018/10/03
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com