「好きなようにさせてください」

のらりーパーソン〜きくっちの日記〜

【空気を読み行動しない傍観者への警鐘】絵本「二番目の悪者」

f:id:a-kikutti:20180506210821j:plain

 

こんにちは。

ウェルビーイング・クエスター(心と体のしあわせ探究家)きくっちです。

 

以前,友人に勧められて購入した絵本「二番目の悪者」を,久しぶりに読み直しました。

帯には「考えない,行動しない,という罪」「これが全て作り話だと言い切れるだろうか」とあります。

 

子どもでもさらっと読める内容ですが,「空気に流されやすい日本人」にはとても耳が痛く,示唆に富む良書です。

 

【あらすじ】

気がやさしく,働き者の銀のライオンは,動物たちの信頼を集めていた。

見栄っ張りで嫉妬ぶかい金のライオンは,銀のライオンが腹立たしくて仕方ない。

そこで,根も葉もない銀のライオンの悪口を言い立てた。

 

「銀のライオンがそんなことをするわけない」と否定する動物もいたが,特に悪気もなく伝聞されるうちに噂が噂を呼び,「じつは銀のライオンは乱暴者だ」という噂が真実味を帯びていった。

 

その後,国の王様を決める投票があり,思惑どおり王の座を獲得した金のライオンだったが,わがまま放題の統治を行ったため,国は荒廃していった。

 

いったいなぜ?

ほんとうに,金のライオンだけが悪かったのか?

 

【線路に石を置いた者,見過ごした者】

「二番目の悪者」を読んで,思い出した話があります。

それは,線路に石を置いて列車を脱線させ,大事故を引き起こした者がいた。

悪いのは線路に石を置いた者だが,線路に石に気づきながらどかさなかった者も同罪,という話です。

 

これには,様々な反論が可能です。

「石が大きくて動かせなかった」「あれくらいの大きさなら問題ないと思った」「誰かが動かすと思った」「自分だけでなく他の人も見ていた」などの言い訳です。

たしかに,そのとおりかもしれません。

 

しかし私たちは,ともすると日常的に「主体者」ではなく「傍観者」となり,線路の石を見過ごすよう行為をしていない,絶対にしていないと言い切れるでしょうか?

私は,少々不安になります。

 

戦艦大和の特攻を意思決定した海軍】

第二次世界大戦末期,世界最大・最強の不沈艦と言われた戦艦大和は,アメリカ軍が制海権を握る沖縄方面へ航空機の護衛をつけず出撃。

待ち構える大量のアメリカ航空部隊の猛攻撃をくらい,敵艦隊とまみえることなく,沖縄沖で撃沈されました。

 

この作戦は,当時の作戦参謀の言葉を借りれば,「作戦として形を為さない」ものであり,国内最高峰レベルの教育を受けていた首脳部が,なぜこのような無謀な特攻を意思決定したのか?

 

じつは,決定軍議に参加せず,後日,参謀から説明を受けた長官がいました。

頭脳明晰,百戦錬磨の長官は,なぜ大和が無謀な特攻を行うのか理解できません。

 

しかも,説明を行う参謀も,常々「いかなる状況にあろうとも,裸の艦隊を敵機動部隊が跳梁する外海に突入させるということは,作戦として形を為さない」と主張しており,大和の特攻は完全に矛盾しています。

 

しかし,参謀から「一億総玉砕の魁(さきがけ)となってほしい」との説明を受けて,ようやく長官は会議を支配していた「空気」に思い至り,「それならば何をかいわんや。よく了解した」と答えます。

 

この「了解した」というのは,「これは論理ではなく,空気によって決まったこと」「であれば,すべての議論や反論も無意味であること」を了解した,ということです。

「空気」の前には,いかなる論理も作戦も吹っ飛んだ瞬間です。

f:id:a-kikutti:20181230175403j:plain

 

【いじめの構図】

いじめも「空気」が支配する部分が大きいのではないでしょうか。

いじめの構図としては,

 ①中心となっていじめている人

 ②積極的に加担している人

 ③加担しないが黙認している人

 ④明確に反対している人

4つに分類できると考えられます。

 

多くの場合,大多数を占めるのは②と③。

いじめられた人がもっとも傷つくのも,おそらく②③によるものです。

 

その場の「空気」に流されて「傍観者」となり,積極的な「行動」を取らないことで,私たちは取り返しのつかない過ちを犯す可能性があります。

 

【なぜ空気に流されやすいのか?】

日本人は,なぜ空気に流されやすいのでしょうか?

その理由は,江戸時代の五人組制度に代表されるように,連帯責任を追及する時代が長く,遺伝子レベルで染みついてしまったためではないか,と推測されます。

 

すなわち,空気に流されやすい,同調しやすい日本人の特質は,セロトニンをはじめとした脳内ホルモンの影響。

遺伝学的にも,数世代にわたる外的環境が継続されれば,人間の身体は環境刺激に適応して変容するそうなので,この体質は江戸時代に確立されたと考えられます。

 

【まとめ】

私たち日本人は,体質的に空気に流されやすいかもしれません。

しかし,それはおそらく,ここ数百年程度で確立されたものであり,過去を教訓として意識することでその弊害を減らし,変えていくことが可能ではないでしょうか。

 

特に,「空気を読むこと」を日常的に強いられている小中学生に,読んで,考えて,みんなで話し合ってほしい良質の作品です。

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com

www.kikutti.com

www.kikutti.com