「好きなようにさせてください」

のらりーパーソン〜きくっちの日記〜

【身近にあるある!】「ラストストロー現象」を知っていますか?

こんにちは。

のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。

 

あなたは,「ラストストロー現象」という言葉を知っていますか?

 

「ラストストロー」とは「最後のワラ」のことで,背中に重い荷物を積めるラクダが,かるいワラを1本積んだだけでつぶれてしまう現象のこと。

つまり,ラクダがつぶれた直接の原因はたった1本のワラだけれど,その背景をよくよく調べると,既に限界ギリギリの荷物を積んでいたため,かるいワラが「とどめの一撃」になるという話です。

 

私たちの周りでも,同様の現象があふれているのではないでしょうか?

f:id:a-kikutti:20190427222459j:plain

<Photo by Pixabay>

【目次】

【突然ダウンする同僚】 

これまで20年ほど働いてきた中で,心の病になる同僚を10人くらい見てきました。

「あんなタフな人がダウンするなんて……」「昨日までふつうに働いていたのになぜ?」と思ったり,「どうして気づいてあげられなかったんだろう……」と後悔の念に駆られたりしました。

 

心の病にかかる人は,ある日突然発症するのではなく,それまでジワジワした重い蓄積があり,そこへ「ラストストロー=最後の一撃」が加わって,倒れてしまうのだと思います。

負の遺産

こんなこともありました。

ある職場へ異動したところ,前年度までに8割方完成させておくべき仕事がほとんど手付かずの状態で,締切は目前。

しかも,同僚はサービス残業をしてなんとか仕事を回している状態なのに把握されておらず,業務量に対してマンパワーが圧倒的に不足している状況でした。

 

「こんな状態では,ワラ1本の負荷がかかっただけで崩壊しかねない!」「爆発寸前まで爆弾をあたためて,いったい何をやっていたんだ!」と激しい怒りをおぼえました。

【正の遺産】

反対に,自分はワラ1本をポンと乗っけたくらいでたいしたことをしてないのに,目覚ましい成果が出る場合もあります。

それは多くの場合,前任者が地道にタネをまき,水をやり,手入れしてきた結果,花開くタイミングにたまたま自分が居合わせただけ。

したがって,間違っても「これはオレ様の手柄だ!」と自慢や勘違いをしてはいけません(笑)

【まとめ】

良い結果にせよ悪い結果にせよ,「最後の1本のワラ」はきっかけに過ぎません。

その結果に至った真の原因=本質を見抜くことこそ,大切です。

また,結果が出る前の段階において,無理や我慢をしすぎたり,反対に「そのうち火を吹きそうだけど,自分はいなくなるからいいや」と問題の先送りもいけません。

 

ラストストローとは,将棋やチェスでいう「王手」「チェックメイト」の状態であり,事ここにいたっては,ほとんど手のほどこしようがありません。

 

詰んでしまう前の段階こそ最重要と捉え,がんばりすぎず,さぼりすぎない。

のらりくらりとしながらもラクダの荷物を軽くして,将来世代へプレゼントを残せるような仕事をしたいものです(^^)

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com