魂熱新聞

〜失われた魂熱(タマネツ)を求めて〜

前田裕二「メモの魔力」自己分析1000問達成目前!そのコツを紹介!

 

2018年末に発売。

着々と売上を伸ばしている,SHOWROOM社長・前田裕二さんの著書「メモの魔力」。

その「メモの魔力」の巻末に紹介されている「自己分析1000問」に挑戦中で,この記事を書いている今日現在で900問まで終わりました!

まもなく自己分析1000問を達成できそうなので,そのコツ,工夫を惜しみなく紹介します!

【目次】

【自己分析1000問達成のコツ・その1=目的の明確化】

目的を明確にすることは大切です。

私の目的は,「自分が大切にしている価値観,コンパス,情熱の根源を明確にすること」

 

いちおう就活した際は,100問くらい自己分析をやりました。

しかし,「自分の価値観はこうだ!」と明確に言語化できるくらい,徹底的に突き詰められませんでした。

就活から20年ほど経つうちに,価値観も変化しています。

 

人間は環境に強い影響を受ける生き物です。

いや,影響を受けるどころか,環境こそが人間を形成します。

たえず変化し続ける環境のなかで,ブレずに「自分が大切にするもの」「自分が好きなもの」を追求し続けることこそが,幸せの必要条件と思います。

 

私は「その時々の環境に流され,人生をブレブレで漂流してきたかもしれないなあ」との思いがありました。

そんなときに,前田裕二さんの「メモの魔力」を読み,「今こそ,自分が大切にしているコンパス=価値観をはっきり見定めよう!」と自己分析1000問をスタートしました。

自己分析1000問達成のコツ・その2=目標期限の設定】

11問ペースなら約3年,13問ペースなら約1年,110問ペースなら3ヶ月少々で達成できます。

人によってかけられる時間は違うので,目標期限は自由に設定してよいでしょう。

 

ただ,私の感覚では1年は長すぎる!

状況の変化とともにモチベーションが低下して,挫折する可能性が高い。

半年でもよいけど,2018年度内に終わらせたい!と考えて,20191月中旬にスタートして,3月末までの2ヶ月で終わらせよう!と目標期限を定めました。

 

とはいえ,作業量が見えない状態で目標期限は決めかねるもの。

どれくらいの時間・手間がかかるのか,実際に1020問くらいやってみてから期限を決めるのが現実的と思います。

自己分析1000問達成のコツ・その3=無理のない計画】

私のモットーは「がんばらないこと」(笑)

実際に20問ほど書いてみたところ,「急げば,1問あたり2分程度かな?」という目途が立ちました。

 

したがって,忙しい平日は110問=20分,余裕がある土日は130問=1時間くらいできるだろうと。

1週間で110問,1ヶ月(5週間)で550問,多少の遅れが出ても2ヶ月で1000問達成できる計算が立ったのです。

f:id:a-kikutti:20190320230134j:plain

自己分析1000問達成のコツ・その4=省エネの工夫】

繰り返しになりますが,私は「がんばらない」がモットーなので,なるべく省エネするため,以下の工夫をこらしています。

 

  • 質問への回答は文章にせず,キーワードのみ
  • 1問当たりの回答スペースは,5行程度
  • 12分を目途にタイマーで時間を測りながら,サクサク進める
  • 移動時間などのスキマ時間を活用し,3問でも5問でも「貯答」しておく
  • 質問は土日の間にまとめて書き出しておき,平日は回答に専念

 

「メモの魔力」前田裕二さんは大学時代,1つの質問につきノート見開き2ページ分,計30冊分の答えを書いたそうです。

しかし,時間をかけて膨大な分量を書いていては,とても終わりが見えません。

仮に,ノート見開き2ページ書くのに15分として,15分×1000問=250時間。

11時間,毎日取り組んで,8ヶ月少々かかります。

 

毎日1時間×8ヶ月なんて,「がんばらない」がモットーのゆるい私にはとても無理!(笑)

実際,多くの社会人にとって,11時間の壁は相当高いのではないでしょうか?

 

そして,すでに900問回答した経験からいうと,1問あたり2分でも15分でも大きな差はありません。

 

じつは,私もはじめは1問あたり10分,15分かかりました。

しかし,200問,300問と回答を重ねるにつれて,「抽象化」「転用」の内容が似通ってきて,短い時間で書けるようになりました。

つまり,手を抜くわけではなく,次第に似通ってくる「抽象化」「転用」の内容こそがゆるぎない自身の価値観=コンパスなのです。

 

同じような質問が角度を変えて繰り返し出てくるので,1問1問に時間をかけすぎず,「次,次,次!」とリズムよく進め,着々とゴールへ向けて進んでいる達成感を実感すること。

これこそが,継続のカギになると思います。

自己分析1000問達成のコツ・その5=テンションを上げる工夫】

毎日コツコツ取り組むことなので,イヤイヤではなく「さあ,やろう!」と内面からテンションが上がることが望ましいです。

 

自然にテンションが上がる工夫として,私はモレスキンのノートを使うことにしました。

モレスキンは,ゴッホピカソヘミングウェイが愛用したフランス発祥の高級ノートです。

 

ハードカバーの表紙は机がない不安定な場所でも書けること,ゴムバンドで閉じられバサバサ広がらないこと,紐のしおりがついていること,サラサラと書きやすい紙質であることが,その主な長所として挙げられます。

 

デザイン,スペック,ブランドストーリーは申し分ありませんが,価格がなんと税込3,700円!

正直,「ノート1冊が3,700円!?」「ほとんど狂気の沙汰!」「こんな高いノート,誰が買うねん!」と思いました(苦笑)

参考までに,NewsPicksで読んだ情報によると,前田裕二さんもモレスキンを使っているそうです。

 

ロフトに見に行ったところ,ちょうど私の大好きなエメラルドグリーンがあり,残念ながら一目ぼれ(笑)

「自己分析1000問は,モレスキンを使うにふさわしい値打ちがある!」

「自分にはモレスキンに見合う価値がある!」

「話のネタになるし,飲み会を1回我慢すればよし!」

と思いきって購入。

 

実際に使ってみた感想としては,大変高いレベルで所有欲を満たしてくれ,モレスキンを見ると「さあ,1000問をやろう!」と意欲が湧いてくるので,私にとっては良い買い物だったと思います。

1冊目は横罫線のエメラルドグリーン,2冊目は方眼のブラックを愛用しています。

 

あ,自然にテンションが上がる工夫であれば,たとえばお気に入りのカフェで書くとか,何でもいいと思います!

<参考>

はじめは,「エクセル表を作成して,パソコンで打った方が速いのでは?」と考えましたが,手書きノートにしてよかったと思います。

理由は,手書きノートの方が余白スペースを埋めようと脳の自由な発想が広がりやすく,キーワード同士の関係性を線などでアナログに表現しやすいから。

 

質問に対する回答を定型的なフォーマットに入力すると,キッチリした一問一答的な作業になりすぎて,広がりや柔らかさに欠ける気がします。

 

また,後から見返した時にポイントがわかるよう,キーワードに赤や青で丸をつけたり下線を引いたりする行為も,手書きノートの方が直感的にサッとできて,パッと目立ちます。

誰に見せるものでもなく,自分が読んで理解できればいいので,手書きで汚くていいんです!(笑)

【まとめ】

「メモの魔力」前田祐二さんのように,人並み外れた圧倒的努力ができる人でないと到底達成できないのでは?と思えた自己分析1000問も,このように作業をこまかく分解して,様々なコツ,工夫を積み重れば,「何となく達成できそう!」と思えるのではないでしょうか?

 

自己分析1000問に興味はあるけれども,なかなか踏み出せない,あるいはコツや工夫をつかみかねて挫折している人のヒントになれば幸いです。

 

無事,自己分析1000問を達成したあかつきには,私がどのような根本的な価値観=コンパスが得られたのか,あらためて紹介したいと思います!

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com