「好きなようにさせてください」

のらりーパーソン〜きくっちの日記〜

【滑落注意!】日本一低い山「日和山」に登ってみた話

こんにちは。

のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。

 

日本一高い山は,富士山。

では,日本一低い山はどこでしょう?

 

答えは,宮城県仙台市にある日和山(ひよりやま)」です。

【目次】

【基本情報】

日和山の基本情報は以下のとおりです。

  • 住所:宮城県仙台市宮城野区蒲生町87
  • アクセス:仙台駅から市営バス(中野新町行き)に乗り約40分
  • 標高:3メートル
  • 歴史:1909年頃,地元住民により築かれる

     1992年,国土地理院職員の独自調査により日本最低峰と認定

     1996年,天保山大阪市港区)に日本一の座を奪われる

     2011年,東日本大震災による津波により消滅

     2014年,国土地理院調査により18年ぶりに最低峰と認定

【現地へ行ってみた】

「日本一低い山」がどれほどのものか,実際に現地へ行ってみました。

 

えーと,どこ?

現地に到着したものの,あるはずの山が見当たりません。

 

も,もしかして……ここ?

こ,これは……なんということでしょう!

 

うわさには聞いていましたが,これほどとは……(絶句)

これが山!?

 

そんじょそこらの高台や丘とは比べものにならない……

これが,日本一低い山「日和山」の全貌です!(ドーン!)

f:id:a-kikutti:20190222183723j:plain

【山に登るべきか】

日本一低いとはいえ,山は山。

決して,侮ってはいけません。

 

まして,季節は冬。

いつ天候が急変して,暴風雨や吹雪に見舞われるかわかりません。

毎年,冬山をあなどり,尊い命を落とす悲劇が絶えません。

 

はるか山頂を見上げます。

幸いにして天気は良く,風もなく,視界は良好。

 

しかし,食料も水も,十分な装備もありません。

道に迷って遭難したら,致命的。

それでも,あえて危険を冒して山に登るべきか?

 

「なぜ山に登るのか?そこに山があるから」という言葉がよみがえります。

葛藤に葛藤を重ね,悩みに悩んだ挙句,ついに登山を決意します。

【実際に登ってみた】

登山口に立ち,慎重に1歩目を踏み出します。

 

人類にとっては,どうでもいい一歩。

私にとっては,日本一に挑む重要な一歩。

 

2歩目を踏み出します。

あっ!

慎重に行きすぎたか,バランスを崩しました。

尾根から滑落の大ピンチ!!

 

全身から冷や汗が噴き出します。

九死に一生を得る思いで立て直し,3歩,4歩,5歩と歩みを進めます。

遥か彼方に思えた山頂が,目前に迫ってきます。

 

ついに,登頂成功!

無意識のうちにこぶしを握りしめ,歓喜の涙が溢れ出します。

太陽が眩しすぎる……

f:id:a-kikutti:20190222183902j:plain

【まとめ】

登山に要した時間は,わずか3秒。

小さな子ども連れの家族でも,安心して登れます!

というか,物足りません!(笑)

 

日和山のすぐ近くにある,貴重な野鳥や植物群落を誇る「蒲生干潟」(特別保護地区指定)や,仙台藩三代藩主・伊達綱宗が貞山運河の成就を祈願して建立した高砂神社」,あわせて立ち寄るとよいと思います(^^)

f:id:a-kikutti:20190222184010j:plain

<蒲生干潟> 

 

f:id:a-kikutti:20190223090558j:plain

<高砂神社>
 

あわせて読みたい 

www.kikutti.com

www.kikutti.com

www.kikutti.com