魂熱新聞

〜失われた魂熱(タマネツ)を求めて〜

【男子校出身者が語る】男女共学と別学,どちらがいい?

こんにちは。

のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。

 

私の高校は,私服で土足の男くさーい男子校でした(笑)

男女別学と男女共学,いったいどちらがいいのでしょう?

 

私自身の体験に基づき,それぞれのメリット,デメリットを紹介します。

 

【目次】

【結論】

ズバリ結論をいうと,私は「男女共学」の方がいいと思います。

 

ただ,高校時代の友人に聞くと,「男子校でよかった」という意見もあり,あくまで私個人の意見です。

以下,「男女別学の具体的なメリット,デメリット」を挙げます。 

f:id:a-kikutti:20190220211503j:plain

【男女別学のメリット】

①近くに異性がいないので恋愛に関心が向きにくく,勉強や部活に打ち込める

 (例)「登校→授業→部活→下校→勉強→睡眠」の繰り返しで,恋愛するヒマがない

 

②近くに異性がいないので,服装,会話,行動が自由で気楽

 (例)体育着で授業を受ける,暑い時は半裸,下ネタが日常会話

【男女別学のデメリット】

①異性を過剰に意識して,ふつうのコミュニケーションが取りづらくなる

 (例)校内唯一の女性教諭が素晴らしく輝いて見える

 

②オシャレに鈍感でダサくなる

 (例)親が買ってきたもっさりとした服で満足してしまう

【メリット,デメリットは表裏一体】

メリット,デメリットは表裏一体。

そして経験上,「デメリット」の方が強く感じられました。

 

特に,「女性への意識過剰」は,大学デビューしてからかなり苦労しました。

「女性」というだけで意識して,あれこれよからぬ妄想をめぐらし(笑),ドキドキ緊張してしまうのです。

 

「オシャレに鈍感」も,けっこう苦労しました。

大学入学後,どれくらいの予算で,どこの店で,どんな服を選んだらいいのか悩みまくり,われながら,相当ダサかったと思います(苦笑) 

f:id:a-kikutti:20190220212616j:plain

【アナザーストーリー】

もし共学へ行っていたら,どうだったでしょう?

「女性への意識過剰」「オシャレに鈍感」のデメリットは,おそらく解消されていたでしょう。

 

男女別学のメリットのひとつ「自由で気楽」も,私は激しく自由を謳歌するタイプではなかったので,共学でも問題なく過ごせたでしょう。

 

男女別学のもうひとつのメリット「勉強や部活に打ち込める」は,どうでしょう?

恋愛に多少の時間・エネルギーは注いだでしょうが,「恋愛にのめりこんで勉強や部活が手につかない状態」にはならなかったと思います。

 

実際,大学時代は恋愛にうつつを抜かすタイプではなく(笑),高校時代でも分別,判断力は十分にあったことでしょう。

むしろ,それぞれの目標に向かって互いを励まし合い,相乗効果を発揮できたと思います。

【まとめ】

これから進学予定の人,子供の進路で迷っている人は,自己コントロールがまあまあできる人ならば,共学の方がいいのではと思います。

 

男女別学というのは,ある意味でとても人工的で不自然な環境です。

その基本思想は,「若い男女を近くに置いたら,ろくに勉強もせず,よからぬことをするに違いない」という性悪説に基づくように思います。

 

しかし,遠ざければ遠ざけるほど,かえって執着が強くなり,ゆがみが生じるもの。

ダイエット中,甘い食べ物がたまらなく欲しくなって食べすぎたり,ダイエットに成功しても後で激しくリバウンドするのと同じ原理です(笑)

 

男女がふつうに共存して触れ合う環境の方が,人間社会の自然な形ではないでしょうか(^^)

 

あわせて読みたい 

www.kikutti.com

www.kikutti.com

www.kikutti.comwww.kikutti.com

www.kikutti.com

www.kikutti.com