魂熱新聞

〜失われた魂熱(タマネツ)を求めて〜

岩井洋菓子店ハイデルベルグ「100人食べ100人”うまい”と言った伝説の菓子」を食べてみた話

 先日,仙台市内で「100人食べ100人”うまい”と言った伝説の菓子」に出会いました。

 

f:id:a-kikutti:20190211104507j:plain

 

【目次】

 【キャッチコピーの秀逸さ】

「100人食べ100人”うまい”と言った伝説の菓子」とは,なんと力強く心に刺さる秀逸

なキャッチコピーでしょう!

 

「日本一うまい!」とか「全米が絶賛!」とかだと,「またまた〜」「ご冗談を」「証拠でもあるの?」と疑ってしまいます。

しかし,「100人食べ100人”うまい”」レベルだと,「ほほー」「そうなの?」「1度,食べてみてもいいかな?」と,「地に足の着いた自信」を感じさせます。

 

思わず,店に入って買ってしまいました。

【実際に食べてみた】

伝説のハイデルベルグには,スタンダードチョコレート,ホワイトチョコレート,抹茶チョコレートの3種類あります。各140円。

 

f:id:a-kikutti:20190211105545j:plain

<スタンダードチョコレート>

 

f:id:a-kikutti:20190211104841j:plain

<ホワイトチョコレート>

 

実際に食べてみた感想は,「ふつうにおいしい!」

口に入れた瞬間,ふわりとしたやさしい食感のスポンジと,甘すぎずバランスのとれた控えめなクリームが,ほのぼのとするあたたかなハーモニーを奏でます。

 

「パティシエ驚愕のおいしさ!」という非日常的なイメージとは異なりますが,日々の生活の中で食べるとちょっと幸せな気分になれる,そんなお菓子です。

【キャッチコピーの由来】

岩井洋菓子店のホームページには,キャッチコピーの由来が以下のように紹介されています。

ハイデルベルグが発売されまもなくの、ある日の出来事です。

100名出席のとある懇談会に弊社の商品ハイデルベルグを100個、納品させて頂きました。

懇談会終了時に、箱の回収にお伺いした際、出席者様と主催者様のなんと全員から「うまい」や「美味しい」などのお言葉を頂戴しました。

その出来事に感銘を受け創業者である初代社長が、その出来事をそのままキャッチコピーにし100人食べ100人「うまい」と言った菓子の伝説が誕生しました。

【商品名の由来】

「ハイデルベルグ」という名前は,発売当初,長方形のブロックを積み重ねて販売していたことから、ドイツ・バーデンヴュルテンベルク州のハイデルベルク城の石垣をイメージして命名されたそうです。

1971年の誕生以来,50年近く売れてきたロングセラー商品です。

【まとめ】

ここ50年間で,お菓子のバリエーションやおいしさのレベルは,すさまじい勢いで向上しています。

昔からある地方のふつうのお菓子では,巨額の開発費とマーケティングを経て展開されている大手メーカーやコンビニのお菓子に太刀打ちできず,淘汰されていくことでしょう。

 

そんな中,50年近く前に考案されたにも関わらず,現代でも通用する秀逸なキャッチコピーとともにロングセラーを続けるハイデルベルグ

 

健康志向が強い私の嗜好とは少々異なるのですが(笑),陰ながら応援したくなる「庶民的なおいしさ」の商品です。

iwai-yougashi.com

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com