「好きなようにさせてください」

のらりーパーソン〜きくっちの日記〜

【のんびりおおらかマイペース?】早生まれのメリット,デメリット

こんにちは。

のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。

 

私は3月下旬生まれの「早生まれ」です。

 

毎年,誕生日が近づくと,「あともう少し遅く生まれていれば,ひとつ下の学年だったのになあ……」と思うのですが(笑),40年以上生きてきて感じる「早生まれのメリット,デメリット」を紹介します。

【目次】

【デメリット】

  • 小さい頃は心身の発達が同級生と比べて遅れ気味で,ついていくのが大変
  • 運動面や勉強面で同級生に劣り,苦手意識を持ち,ますます不得意になる可能性がある
  • 生まれ年(暦年)を言うと1つ下の学年に間違われ,いちいち説明がめんどうくさい(笑)

【メリット】

  • 同級生と比べて心身の発達が劣るぶん,早く追いつこうと適応力,吸収力が鍛えられる
  • 同級生にいまひとつついていけないため,孤独に強く,マイペースでおおらかな感性が磨かれる
  • 同級生と比べて年を取るのが遅く,若い気分でいられる(笑)

【もし生まれ変われるなら】

もし,生まれ変われるなら,3月生まれの悲哀をさんざん味わってきた身としては(笑),やはり4月生まれがいいです。

早生まれでも,なんとかかんとか落ちこぼれずに過ごしてきたので,ひとつ下の学年だったらスーパースターになれたんじゃない?と,妄想するわけです(笑)

 

冗談はさておき,現代日本では勉強,運動などあらゆる面で,年度始まりの46月生まれが有利と思います。

【乳幼児時代の少しの大きな差】

乳幼児時代の半年,1年の差は,心身の発達面で非常に大きなものがあります。

 

たとえば,ある年の4月に子どもたちにサッカーをさせます。

4月生まれの「満5歳のAくん」と,3月生まれの「満41ヶ月のBくん」とでは,身体の大きさや運動神経の発達面で差があるのは当然です。

 

Aくんは,上手にプレーできて自信を持ち,さらに練習を重ねて上のクラスへ上がり,さらに上達する可能性が大きくなります。

一方のBくんは,うまくプレーできず,「自分はできない」と自信を失い,練習する意欲もわかず,停滞する可能性があります。

【才能と性格】

もちろん,例外もあります。

上記の例でいえば,Bくんにサッカーの才能があり,体は小さいのに上手な場合や,最初はうまくプレーできなかったけれど,負けず嫌いの性格で猛練習して上達するような場合です。

 

たしかに,「飛び抜けた才能」「負けず嫌いの性格」の持ち主の場合は,早生まれでも上達する可能性はありますが,逆にこうも考えられます。

「飛び抜けた才能」や「負けず嫌いの性格」の持ち主が,4月生まれだったら最強ではないかと。

【小さな成功体験の重要性】

さらにいうと,才能や性格は特に目立つものがない「ふつうの人」でも,4月生まれの人はその発達優位性を活かして「小さな成功体験」を収められます。

そして,「小さな成功体験」をモチベーションとして,さらなる成功へ向けて努力を積み重ねられる「正のスパイラル」にはまる可能性があります。

 

ところが,早生まれの「ふつうの人」は,こうはいきません。

心身の発達面で劣るため,周囲と比べてよほど秀でた才能がないと,最初の「小さな成功体験」を収めることは困難。

「自分はあれもこれもできない」と「負のスパイラル」にはまる可能性があります。

【早期競争社会に消費されない】

こう書くと,「やっぱり,早生まれは不利なことばかりで,何も良いことないじゃないか!」と思いますが,基本的にそのとおりです(笑)

ただ,それは「現代日本の競争社会ではアドバンテージを得にくい」だけで,「幸せになれない」わけではありません。

 

たとえば海外では,早生まれの子どもは1学年下を選択できる国もあります。

 

日本は才能の早期発見,早期教育,早期完成がシステムとして整備され,そのレールに乗ることが奨励されますが,その人なりのゆっくりマイペースでも,幸せになることは十分できるはずです。

f:id:a-kikutti:20190322220319j:plain

【まとめ】

あくまで私見ですが,私をはじめ早生まれの人は,どこかのんびりとしてボーっとした,おおらかでマイペースの人が多いような気がします。

 

それは,同世代との競争やキャッチアップを余儀なくされながら,ただ「遅く生まれた」という先天的なハンディのため,理不尽に置いてきぼりをくらってきた疎外感や達観ゆえかもしれません。

 

ボーっと生きてんじゃねえよ!」とチコちゃんには怒られそうですが(笑),理不尽を受け流して生きのびる術として「ボーっとする」ことを身につけたのではないでしょうか。

 

「早生まれ」として,生まれてしまったものは仕方がありません。

カエルの子はカエル,なんと私の子どもも早生まれです(苦笑)

 

人生100年社会。

のらりくらり,のんびりおおらかに,マイペースでボーっとしながら(笑),自分なり,子どもなりの幸せを追求していきたいと思います。

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com

www.kikutti.com

www.kikutti.com