クエスト タイムズ

〜「魂の微熱」を求めて〜

【情報のない初めての店は要注意!】メニューのない店で親方の謎対応に戸惑いまくった話

こんにちは。

のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。

 

先日,ランチのお店であった不思議な話です。

【目次】

【店に入る】

ランチの店を探していたところ,中華屋を見つけました。

店の外にメニューが出ておらず,あまりさえない外装の店でしたが,とりあえず入ることにしました。

夜の居酒屋が本業で,夜の客を増やすためランチもやっている雰囲気だったので,「味に自信はあるのだろう」と思ったのです。

 

のれんをくぐると,ひとり親方が切り盛りしており,「いらっしゃいませ!まいど!」

「まいど?」が少し気になりましたが,「まあ,いいや」とカウンター席につきました。

【メニューがない】

カウンター席に座ったものの,メニューが置いてありません。

店内を見渡しても,メニューが貼っていません。

 

親方は,カウンターの向こうで忙しそうに動き回っています。

5分ほど待っても,注文を聞きに来てくれません。

私の後から来た客も,注文する気配はありません。

 

「きっと,ランチメニューは1種類なんだな!」「注文を取らない店なんて,はじめてだな!」と,あきらめて待つことにしました。

【肩をポン】

しばらくすると,親方がカウンターから出て,ブロッコリーのカレー風味を持って来てくれました。

そして,「いつもどうもね!」と肩をポンと叩いて,笑顔でカウンターの向こうへ戻っていったのです。

 

いつもどうもね?

肩ポン?

 

 「常連客と勘違いされている!?」と不安になってきました。

f:id:a-kikutti:20190301232114j:plain

【マスクを取る】

「気まずいなあ」「マスクをしているから勘違いされたされたのかな?」と思いながら,なにげなくマスクを直しました。

 

親方「風邪ひいてるの?」

私「いえ,予防です」

親方「ここは,ほら,料理していて湿気が高いから,マスク取って大丈夫だよ」

私「そ,そうですね」

 

話の流れ的に,マスクを取らざるをえません。

ヤバい!正体がバレる!

【変わらない対応】

しかし,マスクを取っても,親方の対応は変わりません。

 

「あ!」と勘違いに気づいた様子でもなく,急に冷淡な態度になるわけでもない。

勘違いに気づいたけど,あえて態度を変えない器用なタイプにも見えません。

 

もともと,フレンドリーな人なのかな?

にしても,「いつもどうもね!」「肩ポン」はないよなあ。

 

私は混乱しながら,順次出てくるメニューを食べ続けました。

【お会計】

謎のランチメニューは,順次出てくるので全貌が見えず不安でしたが,どうやら「野菜炒めと焼きそば定食」だったようです。

 

お会計は750円。

味はふつうに美味しかったですが,「ぜひまた食べたい!」というほどではありませんでした。

 

そして,最後の「ありがとうございました〜」のテンションが異様に低い!

常連客に対するものとは思えず,先ほどの愛想のよさはどこへ行ったんだ!?(苦笑)

【まとめ】

メニューから親方の対応まで,なんとも不思議なお店でした。

情報がない初めての店には,気をつけましょう!(笑)

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com

www.kikutti.com

www.kikutti.com