「好きなようにさせてください」

のらりーパーソン〜きくっちの日記〜

【余命6ヶ月で死ぬまでにしたいこと】映画「最高の人生の見つけ方」レビュー

こんにちは。

のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。

 

映画「最高の人生の見つけ方」を観ました。

いきなり結論!

 

様々な悩みを抱えている人,忙しい日々に流されている人,人生や幸せの意味を考えたい人にぜひオススメの名作映画です!

 

f:id:a-kikutti:20190218215541j:plain

【目次】

【あらすじ】

ある日,2人の男(ジャック・ニコルソンモーガン・フリーマン)が病室で一緒になった。

人種,職業,資産,家族,まるで異なる2人だが,1つだけ共通点があった。

それは,ともに余命6ヶ月であること。

 

スカイダイビング,カーレース,泣くほど笑う,世界の絶景を眺める,世界一の美女にキスする……

2人は死ぬまでにしたいことをリストに書き出し,行動し始める。

だが……

 

【原題の意味】

日本語タイトルは「最高の人生の見つけ方」ですが,英語の原題は「Bucket List」。

 

バケット・リスト」とは,首吊りをする人が首に縄をかけてバケツに乗り,最後にバケツを蹴飛ばして自殺することから,「死ぬまでにしたいことのリスト」の意味。

 

なかなか,ショッキングなタイトルですね〜(^^;)

 

【死ぬまでに何をしたいか?】

バケット・リストを書くと,「自分が本当にしたいこと」「自分が大切にしていること」,つまり「自分の価値観」が明らかになります。

 

以前,「自分のやりたいこと100」を書き出したことがあります。

4050個くらいダーッと書いたところで,一度止まりました。

 

そこから追加した内容は,「ハワイでバケーションしたい」「北極でオーロラを見たい」「ウユニ塩湖を見たい」など。

世界中を旅する項目が多く,「自分は旅が好きなんだ!」「未知や絶景に対する好奇心が強いんだ!」と,あらためて自分の志向を確認することができました。

 

f:id:a-kikutti:20190218215949j:plain

【余命がわかった方がいい?】

映画の中で,「自分の余命を知りたいか調査したら,ほとんどの人が知りたくないと回答した」という話が紹介されます。

 

ほとんどの人は,自分の余命がいつまで続くかわかりません。

「あと100年」「あと1年」「あと1日」とわかってしまったら,どうするでしょうか?

 

そう,余命がわかるとは,「死刑宣告」に等しいのです。

神様に「無料で教えてあげるよ!」と言われても,私もやはり「いえ,けっこうです!」とお断りするでしょう(笑)

 

【人は誰もが死ぬ】

余命に個人差があるとはいえ,今この世に生きている人のほとんどは,100年以内にいなくなるでしょう。

死がいつ訪れるかわかりませんが,誰もがひとしく「死刑囚」であることは間違いありません。

 

しかし,ふだん私たちは,「死刑囚」であることを忘れがちです。

もしかしたら,10年後,10ヶ月後,10日後に死が訪れるかもしれないのに。

 

あなたは10年後,10ヶ月後,10日後亡くなるとして,悔いのない生き方をしていますか?

生きている間にやりたいことを,日々着実に実現しているでしょうか?

 

f:id:a-kikutti:20190218215817j:plain

 

【まとめ】

不可避な死という重いテーマを扱いながら,不思議と辛気くさい雰囲気はありません。

随所に息をのむ世界の絶景が登場すること,そして名優ジャック・ニコルソンモーガン・フリーマンのチャーミングな演技が光ります。

 

日頃の忙しさや悩みから少し距離を取り,人生の意味を考え直すきっかけとなる格好の作品です。

最高の人生の見つけ方 (字幕版)
 

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com

www.kikutti.com

www.kikutti.com

www.kikutti.com

www.kikutti.com

www.kikutti.com