「好きなようにさせてください」

のらりーパーソン〜きくっちの日記〜

【理想のショットを創り出す!】アップルストアのセッションのススメ

こんにちは。
野良のように生きる「のらりーパーソン」きくっちです。

 

先日,アップルストアのセッションに参加してきました。

タイトルは,「Photo Lab : 理想のショットを創り出そう−Chase Jarvisとの共同開発セッション」。

 

「Chase Jarvisって誰や?」と思いましたが,セッションの紹介画面にある写真(下の写真)を見て,「と,とにかく,すごそうなヤツや!」とわかったので(笑),サッと申し込みました。写真の説得力はスゴイですね。

 

f:id:a-kikutti:20190105151620j:plain

 

よく考えたら,Chase Jarvisさんがこの写真を撮ったのか,わからないんですけどね(笑)

 

【目次】

【所要時間】

このセッションは90分。

けっこう長めですが,セッションの種類によって所要時間は30分〜90分程度と異なります。

私は座学が苦手なので,通常であれば90分も集中力が続きませんが,

話を聞くだけでなく,参加者同士で写真を撮りあったりするワークがしっかりあるので,まったく長いとは感じず,あっという間の90分でした。

 

f:id:a-kikutti:20190105154928j:plain

 

【内容】

はじめに,Appleのクリエイティブスタッフが自己紹介。

続いて,Chase Jarvisさんの動画を数分間鑑賞。

質の高い写真を「創る」には,「つながりを築く」「構図を決める」「光を形作る」の3つの要素が重要との話でした。

 

f:id:a-kikutti:20190105153703j:plain

 

つながりを築く?

と,小首を傾げていたところ,早速,実験が始まりました。

まず,参加者同士で,何の情報もないまま,お互いの写真を撮り合う。

その後,黙って30秒間見つめ合うのです。

 

これ,意外とキツイ!(笑)

見ず知らずの人と目と目を合わせ続けることが,これほどキツイとは想像できませんでした(^^;)

 

その後,お互い自己紹介して,あらためて写真を撮り合います。

すると,あら不思議。

見つめあって,自己紹介した後だと,もはや見ず知らずの人ではなく「つながり」が築かれているので,なんとなくあたたかい,自然な表情が引き出せるのです。

 

f:id:a-kikutti:20190105153904j:plain

 

その後も,「構図を決める」「光を形作る」について説明を受け,実際に参加者同士で店内のいろんな場所で撮り合いました。

 

「構図を決める」は,三分割法を意識するとよいとのことで,おおむね実践できたと思いますが,「光を形作る」は難しい! 

フラッシュライトを使ったり,外からの太陽光を生かして撮影しましたが,相当場数を踏まないとマスターは難しいと感じました。

ただ, 光の方向や強さにより,どのような効果が現れる可能性が高いかは理解できたので,今後の写真撮影が楽しみです。

 

f:id:a-kikutti:20190105155526j:plain

 

【まとめ】

Appleクリエイティブスタッフの方は,以前,結婚式場の撮影をしていたという写真のプロ。

とても説得力があり,しかもわかりやすい説明で,好感度,満足度ともに文句なしでした。

 

しかも,これだけの時間,これだけの内容を丁寧に教えてくれるセッションなのに,無料!

後日こっそり請求が来るのではないか?と疑ってしまうほどのクオリティで(笑),アップルユーザーは使わない手はありません!

 

カテゴリーも,写真,ビデオ,アート,デザイン,音楽,プログラミング,ビジネス,子供向け等,いろいろあるので,興味のあるものに参加するとよいと思います。

 

念のためお断りしておくと,私はアップルの回し者ではありません(笑)

むしろ伝えたいのは,アップル製品にはこういったサービス料も含まれているので,有効活用した方がオトクですよ,ということです。

 

なお,セッション情報は「Apple Store」アプリの中の「セッション」から検索することができます。

名前が似ているのですが,「App Store」アプリではないので,お間違えのないよう。

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com

www.kikutti.com

www.kikutti.com