「健康で文化的な最高限度の生活」を求めて

ウェルビーイング・クエスター(心と体の幸せ探求者)きくっちの日記

【大人の休日】学生時代の友人と温泉旅行のススメ

f:id:a-kikutti:20180408190050j:plain

 

私は高校時代の友人と3人で毎年温泉旅行をしています。

 

2011 熱海温泉(静岡県

2012 塩原温泉(栃木県)

2013 草津温泉群馬県

2014 箱根温泉(神奈川県)

2015 有馬温泉兵庫県

2016 いわき湯本温泉福島県

2017 那覇温泉(沖縄県

2018 登別温泉(北海道)

 

こうして書き出すと、けっこう行ってますね。

数十年後、47都道府県制覇を目指します!(笑)

 

私は宮城、友人Aは茨城、友人Bは埼玉在住。

私は既婚、友人Aは彼女なしの独身、友人Bは彼女ありの独身。

仕事はそれぞれ別業種、基本土日は休みなものの、繁忙期は土日関係なし。

 

要するに、高校時代友達だったという以外、特段共通点のない3人が都合を合わせて旅するのは、けっこう大変です。

 

きっかけは、私が一時期東京で働いていたので、久しぶりに再会して温泉旅行でも行こうか、という友人Aの提案。

高校時代も、とても仲が良かったわけでもなく、友人Aとは卒業後もコンスタントに連絡を取っていましたが、友人Bとは卒業以来15年も会っていませんでした。

 

友人Aは、猫のようなやつです。

猫のように気まぐれで、なんと返したらいいかわからない、ツイッターのつぶやきのような「ツブヤイターメール」を、私と友人Bにしばしば送ってきます。

私も友人Bも、5回に1回くらいしか返事を返しません(笑)

そのくせ繊細で気を遣い、国内外の旅行先から土産を送ってきたり、帰省して来て私と飲む時も「家族にやってくれ」と土産物を毎回持参します。

 

f:id:a-kikutti:20180408214443j:plain

 

その猫のような友人Aが、半年以上前からまめに日程調整を始め、行先を決め、さっさと宿泊先、交通手段を予約してしまいます。

私と友人Bは友人Aのなすがまま、といったところです。

 

時々、「アラフォーの男3人が温泉旅行に行って何が楽しいの?毎回話すことあるの?」と妻に聞かれます。

三者には理解しがたい、きわめてまっとうな疑問です(笑)

 

あらためて振り返ると、何を話しているのでしょうか?

もちろん、お互いの近況報告はしますが、学生のように高いテンションで盛り上がるわけもなく、しゃべりっぱなしでもなく、ときに沈黙が支配し、しかし沈黙が気まずいわけでもない。不思議な時間の流れです。

 

ちなみに、3人ともお酒はそこそこ飲みますが酔っ払って乱れることはなく、最後は「眠いから、そろそろ寝るか」と言った雰囲気でお開き。

 

3人とも、それなりに仕事等の都合をやりくりして、多少無理して参加しているせいか、友人AとBは旅先で風邪で倒れたことがあります。

英気を養うため訪れた旅先で倒れるなど「なんのための温泉旅行だ!」という話ですが(笑)、倒れた1人を2人が懸命に看病して一晩眠ると、翌日にはなんとか動けるようになるから不思議です(笑)

 

社会人になると、様々な利害関係が発生するため真の友情は築きにくい、と言われます。

真偽はさておき、学生時代の友人とは気兼ねなく自然体で話せるのは本当だと思います。

 

ギブ&テイクを特に意識することなく、さりげなく、ゆるい感じで旅先の時間をともに楽しく過ごし、美味しいものを食べ、美味しいお酒を飲み、ゆっくりといい湯に浸かる。

そんな、ささやかなひとときが、3人とも毎年のひそかな楽しみとなっているのは、間違いないと思います。

 

皆さんも学生時代の友人との温泉旅行、いかがでしょうか?^^