「健康で文化的な最高限度の生活」を求めて

ウェルビーイング・クエスター(心と体の幸せ探求者)きくっちの日記

映画「ミステリアス ピカソ–天才の秘密」

f:id:a-kikutti:20180407211139j:plain

 

パブロ・ピカソ。言わずと知れた20世紀を代表する天才画家である。

この映画は、ピカソの創作の瞬間を記録したドキュメンタリー。

1956年第9回カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。1984年にはフランス国宝に指定されている。

 

ひたすら、ピカソが絵を描く様子を、新たな作品がこの世に生まれる緊迫の瞬間をリアルタイムで、あるいは早送りでスリリングに撮影しており、作品に対する解説は一切なし。

 

これは、言語に対する非言語の挑戦ではないか?

絵画という非言語の芸術を、言語が説明することができるのか?

絵画は「Don't think,Feel亅の領域であり、言葉を尽くして表現すること自体、陳腐で浅はかな行為ではないのか?

 

それでもなお、絵画のど素人である私が語りたいと感じたのは、ピカソの「姿勢亅だ。

一言で言うならば、他人の目線や評価を気にする気負い、衒いが感じられず、ひたすらに情熱的で、挑戦的で、発展的だ。

当時、ピカソ74歳。

 

f:id:a-kikutti:20180407211927j:plain

 

たとえば、以下のシンプルな3本のラインの描き出しから、完成図を予想できるだろうか?

 

<描き出し>

f:id:a-kikutti:20180407211753j:plain

 

<完成図>

f:id:a-kikutti:20180407212128j:plain

 

おそらく、描き出しの時点で、ピカソの脳に完成図のイメージはない。

1本1本、線を描き加えていく中で次なるイメージが湧き、それまで描いた全体との整合性を図り、あるいは否定し、流れ続ける。

 

どこでその流れは終わりを迎えるのか、ピカソ自身にもわからず、数分で止まり、あるいは何時間も流れ続け、あるいはそれを叩き台として全く新たに描き直し始める。

 f:id:a-kikutti:20180407214852j:plain

 

根底に流れるのは、絵画に対する尽きることない情熱。

絵が好きで好きで、たまらない。絵を描くこと自体が、楽しくて仕方がない。

ゆえに、天才は多作である。

生涯に1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であるとギネスブックに記録されている。

 f:id:a-kikutti:20180407213742j:plain

 

本編80分。

天才の秘密を垣間見たい方は、ぜひ。