「好きなようにさせてください」

のらりーパーソン〜きくっちの日記〜

【王欣太作「ファイアキング」レビュー】子供向け!?マジカル・マンガ・オペラ!

先日,東京のゴンタメッカ に行って以来,三国志を描いた傑作漫画「蒼天航路」と,その作者・王欣太(キングゴンタ)先生の作品の魅力を再確認する日々です。 www.kikutti.com www.kikutti.com ゴンタ先生の作品は,だいたい読破してきたつもりですが,「お…

【王欣太作「地獄の家」レビュー】「蒼天航路」破格の人・曹操のモデル

先日,友人が勧める小説を読んだところ,最後まで全然おもしろくなくて,びっくりしました(苦笑) なぜ,つまらないのか? 信頼する複数の友人が勧めるのだから,私の感性がおかしいのではないか? そう思って読み返そうとしましたが,読み返すことすら気が…

【王欣太作「HEAVEN」レビュー】蒼天航路〜王欣太先生の原点がここに!

本にもな,オスとメスがあるんや。 この本は,まぎれもなく本のオスや。 最近ではめずらしい,本のオスや。 〜三代目魚武濱田成夫〜 これ以上この本の本質を鋭く言い当てる言葉はなく,これ以上の言葉は不要かもしれません。 でも,語りたいので勝手に語りま…

【ゴンタメッカ@ギャラリー・クオーレ】蒼天航路(王欣太先生)の魅力を満喫!

王欣太先生の「蒼天航路」の原画が展示・販売しているゴンタメッカへ行ってきました! 2017年7月14日オープンを知って以来,だいぶ時が経ってしまいましたが,そのぶん感慨はひとしお。 ゴンタメッカの魅力をご紹介します! 【目次】 【ゴンタメッカの魅力そ…

【三国志特別展(2019年)】リアル三国志展の見どころ,魅力を紹介!

東京国立博物館で開催中の三国志展に行ってきました。 小学生以来,吉川英治,横山光輝,北方謙三,陳舜臣,王欣太と数々の三国志作品を読み込み,30年以上にわたって三国志ファンを自認してきた私が,写真を交えながらその魅力をシンプルに紹介します! 【…

鬼ヶ浜海水浴場(宮城県塩釜市桂島)の魅力紹介!

鬼ヶ浜海水浴場(宮城県塩釜市桂島)へ行ってきました。 その魅力をお伝えします! 【目次】 【鬼ヶ浜海水浴場の魅力その1:離島のマイビーチ!】 【アクセス】 【鬼ヶ浜海水浴場の魅力その2:コンパクトに多くの魅力!】 【鬼ヶ浜海水浴場の魅力その3:震災…

【逝去,通夜,葬式までの2日間】父の死に際して

7月6日(土),父が永眠しました。 享年71歳。最終的な死因は敗血症。 心臓手術後、集中治療室に入って52日。 家族が夜中に呼び出されたり,もう限界かという危機を何度も乗り越え,人工透析ができなくなれば通常5日程度しかもたないところ10日も持ちこたえ…

【話せる幸せ】話せないこと,話せなくなるということ

【父の状態】 父が心臓手術(僧帽弁置換術)をしてICU(集中治療室)に入り,45日目を迎えました。 人工呼吸器をつけていて話すことができず,常時,鎮静剤を使用しているので全身を動かすことができず,目は見えているのかどうか反応はにぶく,かろうじて耳…

【あの激痛はもう勘弁!】尿路結石の再発防止法

先日,右背中に激痛が走り,生まれて初めて救急車を呼び病院で尿検査したところ,コロリと尿路結石が出て,治りました。 www.kikutti.com レントゲン検査を行い,他の石は確認されないが,念のため専門医を受診したほうがいいと勧められ,後日,泌尿器科を受…

【夜中に救急車で搬送】尿路結石でえらい目にあった話

結論からいうと,生まれて初めて救急車で搬送され,病院で尿路結石が痛みもなくコロリと出て治った話です(^_^;) 【目次】 【突如襲った激痛】 【119番通報】 【石が出た!】 【まとめ】 【突如襲った激痛】 昨晩22時30分,トイレで用を足していたところ,右…

【新月の危機を乗り越えて】感染症・肺炎の恐ろしさ

父(71)の体調がすこぶる良くありません。 5月16日(木)に心臓手術(僧帽弁置換術等)を受け,3週間経つ6月8日(土)現在も,いまだ集中治療室を出られません。 肺機能,肝機能,腎機能の低下が重なり,人工呼吸器や心臓を動かす装置,肺の水を抜く装…

慢性腎不全のため人工透析している父が心臓の僧帽弁置換術等を受けて

父(71)の体調がすこぶる良くありません。 父は37歳で慢性腎不全と診断。その後,食事療法を続けてきましたが,40代後半で人工透析することに。 50歳の時に父の母(私の祖母)から腎移植を受け,一時的に透析が不要となりましたが,57歳で移植した腎臓が拒…

【猫だらけ,猫づくし,猫まみれ】3回目の猫島レポート(2019年5月版)

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 さて,宮城県石巻市の田代島,通称「猫島」へ行ってきました。 3回目です! 1回目の記事は,こちら。 www.kikutti.com 猫がそんなに好きかと言えば,そうでもあり…

【高齢者の自動車事故報道を受けて】大好きだった車を父が手放した話

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 突然ですが,父(71歳)が車を手放しました。 最近の高齢者による自動車事故報道を受け,「自分も加害者になるかもしれない!」と懸念したためです。 【目次】 【車…

【絶望の書か,希望の書か?】酒井穣「自己啓発をやめて哲学をはじめよう」ブックレビュー

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 酒井穣さんの「自己啓発をやめて哲学をはじめよう〜その絶望をどう扱うのか〜」を読みました。 さらっと30分くらいで読むつもりが,「今まさに必要な1冊かもしれな…

【犬と楽しくふれあおう!】わんわん動物園(愛知県岡崎市)の感想

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 2019年4月,犬が大好きな娘のリクエストに応え,愛知県岡崎市にあるわんわん動物園へ行ってきました! <不思議な愛嬌のある犬の石像> <トリミングなどの飼育員体験…

【身近にあるある!】「ラストストロー現象」を知っていますか?

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 あなたは,「ラストストロー現象」という言葉を知っていますか? 「ラストストロー」とは「最後のワラ」のことで,背中に重い荷物を積めるラクダが,かるいワラを1…

【これは便利!白い空,灰色の空が青い空に早変わり!】空の色を変える便利なアプリ「MIX」

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 あなたは,屋外で風景写真を撮ったものの,「なんだかイマイチ」「絶景のはずなのにパッとしないなあ?」と感じたことはありませんか? その原因,もしかしたら「白…

【仙台なのに徳川家康を祀る?】国指定重要文化財・仙台東照宮へ桜を観に行った話

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 長いこと仙台に住んでいながらご縁がなかった「仙台東照宮」へ行ってきました。 曇り空ではありましたが,ちょうど桜が咲き始めたタイミングで,創建360年あまりの…

【メリット,デメリットは?】睡眠8時間生活を2週間試してみて

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 2019年4月に入ってから,2週間ほど8時間睡眠生活を実行しています。 だいたい夜10時に就寝して,朝6時に起きるリズムです。 これまでの平均睡眠時間は7時間。 …

【病気や体質など300項目が判明!】ジーンクエストの遺伝子検査を受けて

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 ジーンクエストという遺伝子解析を受けました。 「なるほど!」「やっぱり!」「そうなの?」とおもしろかったので,具体的な解析結果を交えて紹介します。 【目次…

【やっぱり鳥山明先生は天才!】久しぶりに「ドクタースランプアラレちゃん」を読んで感動した話

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 夜,子どもへの読み聞かせで,「ドクタースランプアラレちゃん」を久しぶりに読みました。 妻の実家にあったもので,昭和56年(1981年)発行なので38年前! しかし…

【自己分析1000問を達成する方法】前田裕二「メモの魔力」自己分析1000問を終えて

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 2018年末に発売され,着々と売上を伸ばしているSHOWROOM社長・前田裕二さんの著書「メモの魔力」で紹介されている自己分析1000問に挑戦し,達成しました! 2019年1…

【パソコンからログインで解決!】ツイッターの未読通知が消えなくて困った件

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 さて,ここ数日,ツイッターで未読がないのに通知が消えなくて,困っていました。 こんなやつです↓ いろいろ試した結果,無事解決した話です。 【目次】 【1,チェ…

【西野亮廣,堀江貴文,前田祐二,亀山敬司】「僕たちは14歳までに何を学んだか」ブックレビュー

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 「僕たちは14歳までに何を学んだか」を読みました。 サブタイトルは,「学校では教えてくれない新時代の必須スキル」。 本書で取り上げられるのは,西野亮廣,堀江…

【何歳でも遅すぎることはない!】生物学者・福岡伸一さんの人生標語「Never Too Late」

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 ソーシャル経済メディアのNewsPicksで,生物学者・福岡伸一さんの人生の標語は「Never Too Late」であると紹介されていました。 「Never Too Late」,共感できる素…

【王欣太「蒼天航路」の魅力!】桃園の誓い〜春風桃花のころに契りを結び〜

これまでブログで200以上の記事を書いてきましたが,じつは意識的に取り上げてこなかったテーマがあります。 取り上げてこなかったというか,溢れ出す愛が深く広く大きすぎて,どこから手をつけていいかわからなかったからです(笑) それは,三国志。 小学5…

【米軍史上最多160人を狙撃した優しい父親】映画「アメリカン・スナイパー」レビュー

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 これは凄い。 「偉大なるアメリカ」の明と暗のイメージを,あますところなく表した,実話に基づく映画です。 監督は,クリント・イーストウッド。 イーストウッド監…

【ヒャクゼロの窮地に現れた救いの神を……】自転車屋さん100軒を営業した話

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 以前,自転車屋さん100軒を営業で回ったことがあります。 当時,新聞社の文化事業部で働いており,ウォーキング&サイクリングイベントの資金を確保するため,パン…

【なぜ学生服の第2ボタンを本命に渡すの?】卒業式の思い出

こんにちは。 のら猫のように生きるサラリーパーソン,「のらりーパーソン」きくっちです。 いま振り返ると人生最大のモテキを逃したか!?と思うのですが(笑),中学校の卒業式後,学生服のボタン2個を女子にあげました。 【目次】 【不思議な風習】 【第…