ウェルビーイング・クエスト〜きくっちの日記〜

ウェルビーイング・クエスト=「心と体の幸せ」を探求して

【死ぬまでに1度は入りたい温泉ベスト3】北海道から沖縄まで40の温泉に入った私の結論

こんにちは。

ウェルビーイング・クエスター(心と体のしあわせ探究家)きくっちです。

 

あまり自覚がありませんでしたが,私は温泉好きのようです(笑)

これまで行った温泉地を数えてみたら,北は北海道から南は沖縄まで40ヶ所ほどに上ります。

 

・札幌,函館,登別(北海道)

・乳頭(秋田県

・花巻,志戸平,つなぎ,大沢,鶯宿,雫石,安比,八幡平,新山根,一関(岩手県

蔵王,湯野浜(山形県

・秋保,作並,鳴子,遠刈田,笹谷,利府,気仙沼宮城県

・いわき湯本(福島県

那須,塩原(栃木県)

・箱根(神奈川県)

・熱海(静岡県

草津群馬県

・野沢,白馬(長野県)

・大原(京都府

・吉野(奈良県

・有馬,城崎(兵庫県

・はわい(鳥取県

・雲仙(長崎県

・別府,湯布院(大分県

那覇沖縄県

 

温泉は泉質のほか宿,食事,土産,観光名所などによって印象が変わりますが,ここではシンプルに「また行きたい温泉地か?」を基準にベスト3を発表したいと思います。

 

 

【ベスト3鳴子温泉(なるこおんせん)・宮城県

f:id:a-kikutti:20180909002435j:plain

 

すいません,はじめに断っておくと,地元びいきが少々入っているかもしれません(笑)

全国的な知名度はそれほど高くありませんが,福島県飯坂温泉宮城県秋保温泉と並ぶ「奥州三名湯亅のひとつ。

1,000年の歴史を誇り,源義経松尾芭蕉が立ち寄ったことでも知られています。

 

日本にある11種の泉質のうち鳴子には9種が湧出しているので,ほとんどの泉質を体験可能。

源泉の数は400本に及び,多くの宿は敷地内に源泉を持つことから,源泉かけ流しの風呂が多い点も魅力です。

 

私がとりわけ印象に残ったのは,乳白色の湯(重曹泉)。

手ですくうと,指にまとわりくつようにトロトロ滴り,「湯がやわらかいとはこういうことか!」と驚愕しました。

ヒアルロン酸のような感動的なしっとりさ,やわらかさで,そりゃあ誰でもツルツル,モチモチの肌になることでしょう(笑)

 

「あのお湯にもう1度入りたい!」「あのお湯,家にほしい!」と泉質のクオリティ,素晴らしさが純粋に際立つ温泉、それが鳴子温泉です。

 

【ベスト2登別温泉(のぼりべつおんせん)・北海道

f:id:a-kikutti:20180909001337j:plain

 

「温泉のデパート」と呼ばれるほど泉質と湯量が豊富で,2011年に天皇陛下が訪問。

私が行った温泉宿は硫黄泉,食塩泉,芒硝泉など10種近い浴槽があり,「利き酒」ならぬ「利き湯」が堪能できました。

バラエティに富む個性豊かな温泉を比較堪能し,自分好みの泉質をとことん探求できる体験は温泉冥利に尽きます。

のぼせてしんどくなっても,楽しくて飽きません(笑)

 

近くには,濛々たる湯煙が上がる地獄谷,間欠泉が噴き出す広場,居酒屋,土産物屋,酒屋,コンビニ,そして閻魔堂やクマ牧場まで揃っています。

安心して鄙びた温泉街気分をほっこり堪能しながら,エンタメ性を兼ね備えた総合力の高さは「さすが天下の名湯,登別!」と唸らされます。

 

【ベスト1草津温泉(くさつおんせん)・群馬県

f:id:a-kikutti:20180909002332j:plain

 

中心部には、高温の源泉を加水せず低温化する施設と,湯の花を採集する湯畑。

ぷんぷんたる硫黄臭と煙が漂い,「温泉街!」という気分を目で,耳で,鼻で,肌で感じ取ることができます。

江戸時代に作られた温泉番付では常に東のトップで,豊臣秀吉が愛好したというのも頷けます。

 

泉質は基本的に酸性泉で,私が入った湯は高温でビリビリした印象。

「おお,肌がヌルヌルする!」と言ったら,「強酸性でかるく肌が溶けてるからねー」と聞いてびっくり(笑)

皮膚病,神経痛,糖尿病に効能があるそうです。

とにかく強烈な薬効を感じさせる湯で長時間入ることは難しく,「これは効く!」「悪霊退散!(笑)」「これぞ湯治!」と感じさせる「神湯」です。

 

また,個性的で見るからに美味しそうな飲食店,テディベアなどかわいい雰囲気の雑貨屋,ガラス細工,片岡鶴太郎美術館,土産物屋が充実しています。

若い世代から年配の世代まで幅広くカバーするユニークかつバラエティ豊かな街並みは,全国の温泉街中随一!と思います。

 

【まとめ】

このほか,迷いに迷った末,記憶がいまいち不鮮明なためベスト3には入れませんでしたが,別府,湯布院,箱根なども,ぜひ再訪したい大変素晴らしい温泉です。

 

地質学上,日本は地震が多い運命にありますが,温泉はその反面得られる自然の恵み。

世界中を見回しても,これほど多くの数,種類,湧出量の温泉地を持つ国は日本以外ありません。

私のひそかな野望は,47都道府県の温泉制覇!

日本が世界に誇る素晴らしい温泉,あなたももっと楽しみませんか?

 

あわせて読みたい

www.kikutti.com

www.kikutti.com

www.kikutti.com