ウェルビーイング・クエスト〜きくっちの日記〜

ウェルビーイング・クエスト=「心と体の幸せ」を探求して

【体験談】肺炎で人生初入院して気づいた3つのポイント

f:id:a-kikutti:20180331093927j:plain

 

こんにちは!

ウェルビーイング・クエスター(心と体の幸せ探求家)きくっちです。

 

2018年3月29日(木)から、人生初の入院生活に突入しました。

そこで気づいたことを共有したいと思います。

 

①意外と時間が早く過ぎる

朝6時15分起床、21時消灯なので、約15時間は起きています。

「いやーヒマすぎて困るんじゃないかな?」と思いましたが、以下のことをしていると、あっという間に時間が過ぎていきます。

そこそこ忙しくて、ボーッと寝ている時間はありません(笑)

今回は肺炎なので、ちょっと体を動かすと咳き込んだり、すぐ息が上がったりしますが、それ以外は特段制限がないことも大きいと思います。

 

・8時、12時、18時の食事

・点滴

・筋肉が落ちないよう院内散歩、ストレッチ

・ブログ、インスタグラム、フェイスブックツイッターSNSの確認、更新

・読書、DVD鑑賞

 

②意外と同室者の「音」に気をつかう

呼吸器病棟が空いていなかったため、私は消化器病棟の4人部屋にいます。

私は4番目の入室だったので、「新入りです!よろしくお願いします!」とご挨拶するか悩みましたが、先輩たちはイビキをかいて昼寝中だったため、機を逸してしまいました。

そして、先輩たちがあらかじめ無言で教えてくれたので、早速、耳栓を購入しました(笑)

 

とにかく「音」に気をつかいます。

カーテンでしか仕切られていないので、鼻をかむ音、咳払い、キーボードの打鍵音、整理棚を開ける音、電動ベッドを上げ下げする音などが筒抜けです。

 

現在、私が最も気にしているのは食事の音です。

私以外の同室者は、全員、食事が摂れない様子なのです。

「テレビをつけると、食べ物が映るからつらい」という来客との会話も聞こえてきました。

食事の時間になると、私だけ部屋に持って来て食べますが、その音を聞かされるのは相当な苦痛と想像されます。

なるべく音を立てないよう、息を潜めて静かに食べています。

 

③意外と食事に気が配られていないような気がする

たとえば、昨日の朝食メニューは、バターロール、牛乳、いちごジャム、プロセスチーズ、ミネストローネ、パイナップルでした。

多くの人にとっては普通の朝食と思われるかもしれませんが、私の所感は以下のとおりです。

 

バターロールグルテンたっぷりだから、あまり食べたくないなあ

・牛乳:アレルギー原因説や発がん物質説があり、あまり飲みたくないなあ

・いちごジャム:加糖ブドウ糖液等が含まれているし、あまり食べたくないなあ

・プロセスチーズ:脂肪分が多いし乳酸菌は死んでいるし、あまり食べたくないなあ

・ミネストローネ、パイナップル:よし!

 

【まとめ】

全体的に、病院スタッフの対応は丁寧かつ適切で、とても感謝しています。

あともう少し、食事に気を使ってくれると素晴らしいんだけどなあ(^_^;)

 

【参考】

人生初入院に至った経過記事はこちら。

www.kikutti.com