映画「君の膵臓をたべたい」

f:id:a-kikutti:20180326124705j:plain

 

物騒なタイトルで(笑)、以前から気になっていた作品。

 

「不治の病の女の子が、暗い雰囲気を少しも見せず、男の子と心の交流を深めていくが、最後は死を迎えるストーリー?」

という予想は、ほぼ正解でした。

もちろん、多少予想を裏切る部分はありましたが、全体に予定調和。

それでいながら退屈を感じることなく、静かで爽やかな感動が残りました。

 

なぜだろう?

声高に命の大切さを訴える話ではない。

単純な青春恋愛ストーリーとも違う。

それはきっと、自分がいない未来を想像し、時を越えて伝わる優しさ。

 

私は、子供が生まれてから、自分がいなくなった後の子供の人生や社会を、ようやく少し想像できるようになりました。

自分亡き後も、子供が元気で楽しく幸せに暮らしていけるよう、健康な体やしなやかな精神を身に付けられるよう、できる限りのことを教えていくつもりです。

 

それと同時に、「どのような社会を残すか?」も大事な視点と思います。

我が子だけが、どれだけ素晴らしい心身の能力を身につけたとしても、戦争やテロが起きて国土が荒廃していたり、環境汚染がひどく新鮮で美味しい水や食物、空気が手に入らなかったりしては、意味がありません。

 

そこまで極端でなくても、現在社会問題となっている長時間労働問題や非正規雇用問題、介護問題、年金問題パワハラ、セクハラ等々の改善が図られないと、子供たちの世代にも同様に降りかかったり、悪化している可能性も考えられます。

 

話がそれましたが、自分がいない将来をリアルに想像できる高校生がいたら、本当にすごい。

もし私が不治の病になったら、ものすごい生命力を発揮して、最後の一瞬まで病気と闘うことに執念を燃やしそうです(笑)

 

個人的なお気に入り度は⭐️⭐️⭐️

生死を扱っているものの重苦しい雰囲気はそれほどなく、軽やかに爽やかに鑑賞できると思います☺️