ウェルビーイング・クエスト〜きくっちの日記〜

ウェルビーイング・クエスト=「心と体の幸せ」を探求して

完・インフルエンザ

f:id:a-kikutti:20180325143912j:plain

 

3月21日(水)に発症したしたインフルエンザB型は、ようやく熱が下がり、現在37℃。

今回、身をもって学んだことを、まとめます。

 

①初期症状は普通の風邪と変わらない

はじめは、コホコホとかるい空咳が出るだけ。熱もなし。

風邪はおろか、「気管に何か入った?」と勘違いするくらいで、初期症状でインフルエンザと診断するのは極めて困難と思います。

したがって「いつ病院へ行けばいいか?」と言えば、「『これはけっこうヤバそうだな!』という強い倦怠感や高熱が出たら、なるべく早く」が正解と思います。 

 

②高熱が出て非常に苦しい

約1年前もインフルエンザにかかりましたが、その時は今回ほど高熱が出ず、すっかり忘れていましたが、39℃台の熱は非常に苦しい。

昔、島田紳助さんが「1番苦しい病気は肺がんらしい。常に酸素を取り入れられず、溺れている状態。生きていること自体が苦しい」と話していましたが、高熱も同様です。

 

座っていても、横になっても、起きていても、寝ていても、長距離走を走っているようにドクドクと脈拍が速く、しんどい。鼻が詰まっていなくても、口でハアハア息をしてしまう。

高熱で頭がズキズキ痛く、全身から湯気が立つくらい熱いのに、震えるほどの悪寒。

 

仮に「インフルエンザ高熱の刑」という拷問があったら、「た、頼むから、く、薬をくれ!」と簡単に白状するだろうと思いました(笑)

「インフルエンザA型に比べてB型はあまり熱がでず、症状が軽い」という俗説は、私には全く当てはまりませんでしたo(`ω´ )o

 

③発熱のピークが2回来る

インフルエンザB型の特徴で「二峰性発熱」と言うそうですが、発熱のピークが2、3回来ました。しつこいイヤな性格です。

したがって、少し熱が下がったからといって、薬の服用をやめてはいけません。

完全に平熱に戻るまで、処方された薬は飲みきったほうがいいでしょう。

 

タミフルは即効性がない

「なぜ、タミフルがさっぱり効かんのじゃ〜!」と熱でのたうちまわりながら調べて、以下を知りました。

 

 ・インフルエンザ治療薬はウィルスの増加を抑えるだけ

 ・ウィルスそのものを退治するわけではない

 ・ウィルスは48〜72時間以内に爆発的に増殖する

 ・よって48時間以内の服用でウィルスの増殖を抑え、症状を軽減し、治療期間を短縮できる

 ・48時間以降だと、ウィルスの増殖がピークを超え、治療期間の短縮にはつながらない

 

私は、強い倦怠感が出て24時間以内にタミフルを服用しました。

しかし、おそらく、既に脅威的なスピードでウィルスが増殖していたことと、B型の二峰性発熱といういやらしい性格のため、タミフルの効果を実感できなかったのだと思います。

 

【まとめ】

今回は本当にひどい思いをしました(T_T)

うがい、手洗い、水分をよく摂る、保温、よく眠る、よく食べる、よく歩く、流行時期はマスクをする等々、インフルエンザに限らず、普段から体調管理には気をつけているつもりですが、今回は本当に参りました。

最近はむしろ、普段より体力気力ともに充実し、良好と感じていたくらいです。

 

今回、感染した理由を強いて挙げるならば、精神的ストレスでしょうか。

3月20日(火)に人事異動の内示があり、私自身の異動はありませんでしたが、周囲の異動で衝撃を受け、その24〜36時間後に発症しました。

「自分はそんなヤワな精神ではない!」と思っていましたが、無意識や自律神経への影響は意外と大きかったのかもしれません。

 

あと1週間で新年度がスタート。

皆さんも張り切りすぎて、精神的なストレスを溜め込みすぎないよう、体調には十分ご留意ください☺️