写真旅@猫島編

人の数より猫の数が多い島。(注:平成27年住民基本台帳人口82人)

宮城県石巻市田代島=通称「猫島」。

 

上陸するや否や、ニャーニャーわらわら猫が集まって来て、

「おいおい、待ってくれよ!順番に抱っこしてあげるからさ!」

「うふふ、そんなに舐めたらくすぐったいじゃないか!」

「う〜ん、君たちはモフモフでたまらないなぁ!」

 

どこもかしこも見渡す限り、ねこだらけ、ネコづくし、猫まみれ。

猫好きの、猫好きによる、猫好きのための「猫の楽園」。

ネコサイコー!ヒャッホー!!

、、、

というのはどうやら幻想でした(笑)

 

仙石線快速で、7:24仙台駅発→8:20石巻駅着。

ミヤコーバスで、8:30石巻駅発→8:45門脇2丁目着。徒歩で、8:50船着場着。

船(網地島ライン)で、9:00船着場発→9:40田代島着。

移動でそこそこ疲れましたが、とにかく着きました。

 

f:id:a-kikutti:20180227222851j:plain

 

あれ、猫の姿はちらほら見えるけど、出迎えに来ない(^^;

まあ、いいか。

 

 

f:id:a-kikutti:20180227224727j:plain

昼メシの相談中のネコたち。

メシは大事だ。見向きもされなくても、まあよしとしよう。

 

 

f:id:a-kikutti:20180227225012j:plain

ひなたぼっこ満喫中のネコ。

眠りも大事だ。目すら開けてもらえなくても、まあよしとしよう。

 

 

f:id:a-kikutti:20180227225635j:plain

耳元で愛をささやくネコ。

むろん、愛も大事だ。人の、いや猫の恋路を邪魔するヤボは慎まねばならぬ。

 

みんなけっこう、忙しいんだな。暇なのはオレだけか(笑)

 

名所を見て回ろう。

 猫神社、稲荷神社、マンガアイランド、平塚八太夫生家跡。。。

 申し訳ないけど、あまり見ごたえがない。。。

 

お、ようやくこちらに駆け寄って来てくれるハニー発見!

f:id:a-kikutti:20180227232308j:plain

 

しかし、なんたる不覚!エサを持っていない!

いや、そもそも、観光客はエサをあげてはいけないのだった!

(注:島民が十分エサをあげているので、観光客がやたらな餌をあげると良くないとのこと)

すまぬハニー、オレをそんな目で見ないでくれ。。。

 

ふと気づくと、既に12時前。お腹がすいてきた。

島内を2時間ほど歩き回ったが、見かけたのは個人商店1件、軽食喫茶店2件、海の家2件。しかし、いずれも開いていない。どうやら夏は開いているらしいが、冬季は閉まっているようだ。

そもそも、島民に出会わない。工事の人は何人か見かけたが、この時点で島民を1人も見かけていなかった。

 

またも不覚。

どこか1カ所ぐらい、おにぎりやパンでも買える場所があるだろうとタカをくくっていたが全くなく、食べ物を何も持って来ていない。

朝飯を食べたのは午前6時、帰りの船は午後2時まで来ず、石巻へ着くのは午後3時。

9時間も何も食べられないというのは、かなりつらい。

 

これがひもじさ、これが飢えか。

お金はあっても、買えるモノ、買える店がないという現実。

かつてのソ連などの社会主義国家は、このような状態だったと聞くし、現在も社会主義国家や発展途上国はそうなのかもしれない。

 

なんてことは、後で考えたこと。

この時は、

「いかに食べ物にありつくか?」

「海で道具なしで魚を捕まえられるか?」

「人気のない海の家や民家の戸をドンドン叩き、食べ物を分けてもらえないか頼み込もうか?」

などなど、必死で知恵を絞りました。

 

とりあえず、島に2台だけある自販機で、最もカロリーの高そうなヨーグルトジュースを摂取。結局、島ではそれ以外の食べ物にありつけず、自分のサバイバル能力の低さを痛感しました。

その後も、ようやく3時頃に石巻駅へ着いたものの、すし屋はじめ飲食店はランチタイム終了で閉まっており、コンビニでイートインするハメに。。。

 

まとめ

・猫島のネコに過度な期待をしてはいけない。エサをあげてもいけない。

・ただし、自分のエサは持って行くべし。