残業について①

f:id:a-kikutti:20180425220057j:plain

 

私は残業が嫌いです。

仕事が嫌いなわけではなく,仕事以外の趣味の時間や,家族との時間を大切にしたいからです。

 

では,残業が好きな人などいるのでしょうか?

私はいると思います。

それは「仕事が好きな人」です。

正確に言うと「好きなことを仕事にしている人」で,サラリーパーソンには少なく,起業家などに多いでしょう。

 

皆さんも,三度の飯より,ゲーム,漫画,スポーツに夢中になった経験はありませんか?

好きなことを仕事にしている人は,あの没頭する感覚で仕事に打ち込むので,「残業する」感覚すらないのでは,と思います。

 

しかし,多くのサラリーパーソンは,いやいや残業していることでしょう。

では,「なぜ,サラリーパーソンがいやいやながらも残業するのか?」を考えると,主に3つの理由が考えられます。

 

①周りがみんな残っていて帰りづらいから

②残業代を稼ぎたいから

③仕事が終わらないから

 

「①周りがみんな残っていて帰りづらいから」は,「空気など読まず,勇気を出して,さっさと帰ろう!」と言うのは簡単ですが,現実にはそう簡単でありません。

自分だけ帰るということは,周りとの不協和音を生じたり,「あいつはヒマそうだから」と仕事が増えたりするリスクがあります。

私はけっこう空気を読む方なので,帰りづらい雰囲気の重苦しさは,よくわかります。

 

それでも,あえて言いましょう。

「帰りづらい」という雰囲気に流されて残業するのは,人生のムダづかいです。

112時間程度の残業でも,毎日積み重なれば月2040時間。1年間では240480時間。5年間で1,2002,400時間,日数換算で丸50100日に上ります。

 

それだけの時間を自分のしたいこと,楽しいことに投入すれば,どれだけの満足感,幸福感を得られることでしょう。

 

人生は有限です。

人生100年時代とはいえ,モリモリ食べ,学び,働き,遊べるのは,6070歳くらいまでではないでしょうか。

もっと有意義に楽しく使えたはずの貴重な時間を,なんとなくの雰囲気に流されて浪費してよいのでしょうか。

 

子どもがいる人であれば,子供と接する時間をおろそかにしている間に,あっという間に小学生,中学生と大きくなって,相手にされなくなります。

パートナーと食事したり,会話したりして過ごす時間も大切です。

すれ違いの日々を積み重ねて,20年後,30年後にも一緒にいられる保証はありません。

 

雰囲気に流されて得られるものは,少しばかりの残業代くらい。

お金は後から稼ぐことも可能ですが,人生の貴重な時間は二度と戻ってきません。

 

死の床で,ほとんど人が後悔することの一つが,「働きすぎた」「もっと家族との時間を大切にすればよかった」だそうです。

亡くなる時,あなたは「働きすぎた」「もっと家族との時間を大切にすればよかった」と後悔しない自信はありますか?

<続く>

映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」

f:id:a-kikutti:20180424202254j:plain

 

2017年6月公開。主演、藤原竜也伊藤英明

鑑賞中,私は3回騙されました。

 

舞台は,5人絞殺事件の15年の時効が成立した7年後。

事件から22年経ってから,「私が殺人犯です」と,男(藤原達也)が名乗り出て,事件の全貌を記した手記を出版します。

 

時効が成立しているので,もはや法が裁くことはできない。警察が捕まえることもできない。

男はそれをいいことに,マスコミを集めた講演会や出版記念握手会を開いたり,自分が殺害した被害者の遺族に謝りに行ったり,好き放題やります。

 

当時,犯人を逮捕し損ねて顔に傷を負い,同僚を爆殺された刑事(伊藤英明)も,犯人に挑発されて殴りかかりますが,それ以上のことはできません。

 

5人も絞殺した凶悪犯とは思えない,悪びれない颯爽とした振る舞いに,一部の人々は有名人を崇めるように熱狂します。

あるいは,殺人犯が白昼堂々,本を出版してお金を稼ぐことを非難し,マスコミ報道やSNSも過熱していきます。

法が裁けないのであればマスコミが裁こうと,有名キャスター(仲村トオル)が犯人へのインタビューを試みます。

 

ネタバレになるのでここでは伏せますが,しかしながら犯人の「真の狙い」は別のところにあった,というストーリーです。

 

キーワードのひとつが、公訴時効。

以前は、15年経てば公訴時効が成立し,それ以上追及されることはありませんでした。一種の「逃げ得」が存在しました。

 

それでは被害者遺族は報われず、逃げ得を許すわけにはいかないということで,殺人罪や強盗殺人罪などの死刑に相当する罪の時効は,15年から25年に延長されました(2004年)。

この法改正のタイミングが,物語のターニングポイントのひとつとなります。

 

蛇足ですが、公訴時効の延長は心情的によく理解できますが,一方で,警察の負担増加も気になります。

時効が延長されるということは,捜査態勢を長年に渡って捜査を継続すること。

毎日のように事件は発生し,未解決事件が負債のように増えていくのは警察の負担となり,全ての事件に十分手が回るのだろうか,と懸念されます。

 

さらなるキーワードのひとつが,PTSD(心的外傷後ストレス障害)。

犯罪系の作品を鑑賞する時,私が最も気になるのは真犯人や犯行トリックではなく,「犯行の動機」です。なぜ,そのような重大な罪を犯したのか?

 

ふつうの人間であれば、よほど切実で差し迫った動機がなければ,殺人などの凶悪な犯行に及ぶはずがありません。

「なぜ,犯行に至ったのか?」自身の感覚に照らして納得のいくリアルな動機が示されないと,「そんな動機で犯行に及ばないでしょう!」と興醒めしてしまいます。

 

本作では、PTSDが犯行の動機と説明されます。

被害者がその心の痛みを軽減するため,加害者と化すことがあるのでしょうか?加害者に対する復讐ならまだわかります。

しかし、無関係の第三者に対して、自分がされたことと同じことをするなど、許されることでは決してありません。

いじめられっ子が、無関係の子に対していじめっ子になるようなものでしょうか。

 

心の闇。

昭和50年代生まれの私からすると、スマートな平成の世では、おどろおどろしい「心の闇」はあまり聞かなくなってきた「昭和の遺物」のようにも思えます。

しかし、多かれ少なかれ、誰しも抱えているものではないでしょうか。

 

絶望的な苦難悲劇に直面した時、人はどう感じ、考え、行動するか。 

時代が移ろうと、人間の本質は変わらず、「心の闇」は不変のテーマ。

あるいは、文学、哲学、宗教の領域でしょうか。

 

まずは純粋に楽しめるサスペンス作品なので、あまり難しいことは考えず、一度ご賞味あれ^^

 

 

黒子(ホクロ)のあれこれ

f:id:a-kikutti:20180423212728j:plain

 

私は、全身のあちこちに大きな黒子(ホクロ)があります。

耳の後ろ、首の後ろ、鎖骨の下、脇の下、肩甲骨、へその横、太ももの横などです。黒々と直径57ミリほどあって、けっこう目立ちます。

 

幸いなことに、これらのホクロは顔の目立つ部分にはなく,鏡を使ったりしないと見えにくい場所にあるため、普段はほとんど気になりません。

 

「泣きボクロ亅のように、控えめなホクロであれば、チャームポイントになることもあるでしょうが、目立つホクロは少々厄介です。

人は顔を見てコミュニケーションを取るので、顔に目立つ部分にホクロがあると、ついついそこへ注意が引きつけられ、印象に残ってしまいます。

 

子どもの頃、顔の目立つ部分に大きなホクロがあり、いじめられている友達がいなかったでしょうか?

小学生時代,クラスメイトの女子の顔に大きなホクロがあり(鼻と上唇の間),いじめられていた記憶があります。

 

私の父は,鼻の下に大きなイボがあります。

元々は大きなホクロで、目立つのが嫌だったので、ホクロが取れるという薬を塗ったら,黒い色だけ取れてイボになった、と父は話していました。

 

「ホクロの色が取れるなんてことあるの?」と思うかもしれませんが,経験上,これは間違いなくあります。

私は,左顎(女優の南野陽子さんのホクロと同じ場所),左手のひら,右手の甲,右腕内側に小さなホクロがありましたが,ほとんど消えてしまいました。

 

毎日,洗顔したり,手を洗ったり,体を洗ったりしていると,メラニン色素が落ちてしまうのだと思います。

ただ,それは小さなホクロの場合で,大きなホクロは変わらないか,むしろ年々黒々と存在感が増す印象すらあります(笑)

 

悪者にされがちなホクロですが,チャームポイントになる以外,いいことはないのでしょうか?

歴史を振り返ると,漢の高祖・劉邦は背中にびっしりホクロがあったとか,坂本龍馬も顔にたくさんホクロがあったとか,「偉人ホクロ伝説」はままあるようです。

 

「ホクロ占い」もあります。

ネットで調べたところ,たとえば「耳の裏にホクロがある男性は,一代で巨万の富を築くので,女性は逃してはいけない」とありました。

私は耳の裏に大きなホクロがありますが,残念ながら巨万の富を築く気配は,今のところさっぱりありません(笑)

 

気をつけなければならないホクロもあるようです。メラノーマと呼ばれる皮膚がんです。

「非対称な形」「まだらな色」をしたホクロができた場合は,メラノーマの可能性があり,進行や転移が速いので,すみやかに病院で検査を受けた方がよいそうです。毛が生えているホクロは,大丈夫だそうです。

 

最近,右膝裏のホクロが増えてきました。

子どものころはなかったのですが,気づいたら右膝体側部に,タテに4連続のホクロができていました。最近、5個目が成長中で,少々気持ちわるいです。

五つ星ならぬ、五つホクロ。

ホクロ占いの人に見せたら,「治世の能臣,乱世の姦雄の相だ!」とか言われるかも?(笑)

 

この4連続のほか,膝の真裏にポツポツと小さなホクロが4,5コもできそうな気配があります。

不思議です。ないところには全然ないのに,集まるところにはどんどん集まる。医学的には,血流の関係とか,メラニンが集まりやすいとか理由があるのでしょうが,まるで,お金みたいで興味深いです(笑)

 

「全国ホクロサミット」とか開いたら,悲喜こもごもの「ホクロあるある話」が集まって,おもしろそうですね^^

 

NHKスペシャル「腎臓が寿命を決める」

f:id:a-kikutti:20180422112801j:plain

 

昨日、録画番組の整理をしていたら、2017年10月1日放送のNHKスペシャル「人体 神秘の巨大ネットワーク”腎臓が寿命を決める”」が出てきました。

あらためて見直したところ良い内容だったので、50分の番組内容を3分に要約します。

 

・腎臓は毎日180Lの原尿を作る。そこから尿として排泄されるのは、1〜2Lだけ。99%は腎臓が様々な調整をして、体内に再吸収される。

・これまで脳が全身の臓器をコントロールしているように思われてきたが、実際は臓器同士がメッセージ物質を交換してやり取りしている。

・その中でも、心臓から送り出される血液の4分の1は腎臓へ送られ、腎臓は「血液を取り仕切る管理者」として重要な役割を果たしている。

 

・例えば、腎臓はエポというメッセージ物質を発して、血液中(赤血球)の酸素濃度の調整を行なっている。

・リオ・オリンピックで金メダルを獲得した女子水泳の金藤選手は、高地トレーニングにより血中酸素濃度を過去最高にまで高めた。これも腎臓の働きによるもの。

・腎臓は、レニンという血圧を調整するメッセージ物質も発している。服薬治療が効かない高血圧患者の腎臓を手術することで、レニンの量をコントロールし、劇的な効果を発揮している。

 

腎臓は、脳、胃、腸、肝臓、肺、副甲状腺、骨など、全身の臓器の声を聞いて調整を行っている。

・具体的には、血液中の塩分、カルシウム、マグネシウムカリウム、リン、尿酸などの調整を行っている。

・例えば、心臓が「疲れた」というメッセージを発すれば、腎臓は血液中の塩分を減らすことで血圧を下げ、心臓の負担を軽減する。

 

生物界では、体が大きいほど平均寿命が長い傾向がある。例えば、ネズミは3年、ウサギは10年、ヒツジは20年、ゾウは70年。

例外の生物もいる。例えば、ハダカデバネズミは28年、コウモリは30年、ヒトは70年。

ところが、血液中のリン濃度を基準に考えると、これらすべての生物の寿命を矛盾なく整理できる。すなわち、血中リン濃度が低いほど寿命が長い。

 

リンは肉や豆に多く含まれ、生きていくのに不可欠な存在。リンが不足すると心不全、呼吸困難、骨軟化症を引き起こす。

・一方、リンが多過ぎると老化が加速される。そのメカニズムは解明中だが、血管の石灰化が進むためと考えられている。

・リンは骨に貯蔵され、腎臓が骨から血中に出すリンの濃度調整を行っている。そのため、腎不全でリンの調整ができなくなると、骨粗しょう症を引き起こす。

 

・近年、入院患者のうち5人に1人が急性腎障害となっており、多臓器不全の原因として腎臓が注目を集めている。

・ヨーロッパでは毎年、腎臓をケアすれば救えた多臓器不全患者は20万人にも及ぶとの見方もある。

腎臓は血流が多いことから、薬によるダメージも多く受ける。多臓器不全の患者にとっては、薬が腎臓への最後の一撃となる。

 

・心腎連関、肝腎連関、肺腎連関、脳腎連関、腸腎連関、骨腎連関と言うように、腎臓と各臓器は密接な関わりがある。

腎臓が薬によりダメージを受けると、関連する多臓器も弱まり、死に至る。よって、薬をやめて腎臓の回復を図ることが有効な対策となる。

・入院患者の血圧や脈拍を管理するように、腎機能を把握管理することが重要と認識され、京大付属病院等で取り組まれている。

 

 【まとめ】

思っていた以上に、腎臓は「人体ネットワークの要」ということがわかりました。

日常生活で腎臓をいたわる具体的な方法は紹介されていませんでしたが、余計な薬はもちろん、サプリメントも飲み過ぎは良くないのかもしれない、と思いました。

 

また、尿が異常に多かったり少なかったり、色や匂いがふだんと異なる時も、少々注意が必要かもしれません。

今後、尿をする時は、毎日180Lもの原尿を作って働き続けている腎臓の働きに思いを馳せ、感謝したいと思います^^

 

映画「ダンケルク」

f:id:a-kikutti:20180421202119j:plain

 

2017年公開。アカデミー賞3部門受賞。

監督は、バットマンシリーズをヒットさせたクリストファー・ノーラン

綺麗事ではない戦場の「リアル」を描いた映画です。

 

時は1940年5月。舞台はフランス・ダンケルク

ナチスドイツ軍の猛攻に追い込まれ、英仏連合軍35万人は包囲殲滅の危機に瀕していました。ヒトラーから不可解な進撃停止の命令さえなければ、全滅していたと言われるほどの絶望的な状況です。

 

イギリス首相チャーチルは、総力を挙げた撤退作戦を命じます。

イギリス国内から軍艦のほかに、民間の漁船やヨット等を含むあらゆる船舶800隻を総動員した通称ダイナモ作戦」です。

 

主人公は、まず包囲しているドイツ陸軍から逃れ、何人もの仲間が撃たれながらも海岸へ向かいます。

海岸では、イギリス本土へ向かう兵士たちが乗船しようと、長蛇の列をなしています。そこへ、ドイツ空軍のメッサーシュミットが襲いかかります。

ドイツ空軍は軍艦を撃沈し、ほとんど無防備な状態で桟橋や砂浜に並んでいる兵士たちを爆撃し、あるいは機銃掃射します。

 

はるか上空の彼方から、爆撃機がキーンと空気を切り裂きながら急降下し、自分たち目がけて襲いかかってくる様は本当に恐怖です。

逃げたり隠れたりする時間も場所もなく、ただ身を伏せて爆弾や銃弾が当たらないことを祈るのみ。

 

イギリス空軍も沈黙していたわけではありません。

ドイツ空軍のメッサーシュミットに対し、イギリス空軍の誇るスピットファイアが応戦します。空中戦で勝利しなければ、ドイツ空軍は地上の無抵抗なイギリス軍に襲いかかります。

イギリス空軍は優秀でしたが、イギリス本土からドーバー海峡を越えてフランスまで飛行してきており、体力的な消耗や復路の燃料の心配を抱えた状態での戦闘であり、撃墜される僚機も出てきます。

 

再び地上に目を転じると、爆撃により軍艦が沈められた後、 主人公は負傷兵を運び込むどさくさに紛れて別の軍艦に乗り込み、イギリスを目指します。

 そして、その軍艦は魚雷攻撃を受け撃沈。燃料油が漏れ広がり、海上は火の海となります。

 主人公はからくも民間の船舶に救助され、イギリス本土へたどり着きます。

 

主人公は、「勝利もせず、身ひとつで逃げ帰って来て、人々に唾を吐きかけられるのではないか?」と心配します。

実際、戦車や火砲はじめ重装備の大半を放棄して、兵士たちはほとんど丸腰で惨憺たる状態での帰還。

 

ところが、イギリス国民やマスコミは、「イギリス国民が総力を挙げて実現した奇跡の救出劇」と、あたかも大勝利したかのように喜んで迎え入れました。

この救出劇はダンケルクスピリット」として、現代もイギリス国民に語り継がれているそうです。

 

しかし、あまりの盛り上がりぶりに、チャーチルは「我々は、この救出が勝利を示すものではないということに注意しなくてはならない。撤退しても戦争には勝てない」と釘を刺したほどでした。

 

いわゆる美談ともいえる「ダンケルクスピリット」の裏側では、陸で海で空で、熾烈で過酷な犠牲が払われていました。

声高に戦争の残酷さや平和の尊さを訴えたりせず、等身大の生々しい戦場のリアルを描いた貴重な1本です。

 

「仙台時間」知ってますか?

f:id:a-kikutti:20180420224850j:plain

 

「仙台時間」という言葉を知っていますか?

 

私の住む仙台市で,ときどき使われる言葉で,「仙台人は時間に遅れて来るのがふつう」「仙台人は遅れて始まるのがふつう」という意味です。

 

たとえば,15分くらい遅れて来た人がいても,「まあ,仙台時間だな」と言って周りも別に怒らず,笑って容認するといった感じです。

なんという悪習でしょう!!(苦笑)

 

私は,時間は何より大切なものであり,命は有限であることから「時間とは命そのもの」と考えています。

したがって,約束の時間に遅れて相手を待たせるのも,自分が待たされるのも嫌です。

 

相手を10分待たせれば,相手の時間(命)を10分無駄に費やすこと。

10人を無駄に30分待たせれば,10人×30分=300分,すなわち5時間分の価値が社会的に失われたと言えます。

 

10人が30分間,集中して作業を行えば,かなりの付加価値が生まれるのではないでしょうか。

私だったら,ブログ記事やインスタグラムの投稿写真を作成したり,メールやフェイスブックのチェックや返信をしたり,本を読んだりすることでしょう。

そういった行動が10人分となれば,相当なボリュームになります。

 

遅れてくる人を待つ時間を無駄にせず、上記のようなことをして待てば、一見無駄な時間は発生しないように思えます。

しかし、5分遅れてくるのか、30分遅れてくるのか、わからない状態では集中しづらく、現実には「まもなく来るだろうから、少し話でもして待とう」とダラダラした過ごし方になりがちです。もったいない。

 

もちろん,好き好んで遅れる人はいないでしょう。

当然,私も遅れることはあります。遅れるのには,誰しも理由があります。

朝寝坊したとか,準備に思いのほか手間取ってしまったとか「個人的な理由」と,渋滞に巻き込まれたとか,電車が事故で動かなかったとか,「不可抗力的な理由」とがあります。

 

しかし,就職面接の最終試験や初デートで遅刻する人がいるでしょうか?

滅多にいないはずです。

もし,遅れることがあれば,面接ならアウト。初デートなら第一印象は最悪でしょう。

時間に遅れることは,相手をその程度にしか見ていないあらわれと言えます。

時間に遅れることを繰り返していけば,やがて信頼を失います。

 

なぜ,「仙台時間」なる言葉が存在するのでしょうか?

私は仙台で約30年間,東京,京都,奈良で約10年間暮らしてきましたが,どこの都市にも遅れて来る人は一定数存在します。

みんな大人なので,あからさまに遅れてきた人を非難することは少ないですが,たしかに仙台は遅れて来る人に寛容な雰囲気があるように思います。

 

なぜか?

江戸・明治以降続いてきた東北の農民文化の名残ではないか,と思います。

関東や関西と比べると,東北は商人・町人・工人の割合は少なく,産業の主体と担い手は、圧倒的に農業であり農民でした。

 

厳しい冬をしのぎ,過酷な田植えの春を乗り切り,不作をもたらす夏のやませに耐えて,収穫の秋を迎えるには,人々の助け合いが不可欠だったと思われます。

子供が生まれたり,家族が病気になったり亡くなったり,各種事情により農作業ができないような時は,「お互い様」ということで近隣の人々で助け合ったはずです。

 

厳しい天候や過酷な農作業に立ち向かうには,他人と厳密な貸し借りを問うことなく,怒らず,騒がず,「なあなあの友好的な協力関係」を築くことこそが必須であり,有効だったのではないでしょうか。

 

その名残が「仙台時間」というわけです。

実際,たとえば関西のボケとツッコミに代表される「動的で攻撃的な文化」に比べると,東北・仙台は「静的で防御的な文化」という特徴があります。

 

相手がボケてこようが,時間に遅れて来ようが、適当になんとなく笑って誤魔化し,敵対せず,友好的であることを最優先するのです。

もちろん仙台人すべてがそうではなく、人によりますけどね。 

 

ああ,仙台時間!

皆さんの地域には、そのような地域独特の時間感覚はありませんか?^^

Apple Storeのセッションのススメ

f:id:a-kikutti:20180419215624j:plain

 

先日,アップルストアのセッションに初めて参加してきました。

 

2011年にスマホを使い始めて以来,長らくアンドロイド一筋でしたが,201712月にiPhoneに変更。

4ヶ月経つので,さすがに基本的な使い方は慣れてきましたが,iPhoneが優秀とされる写真の加工機能は我流で適当にしか使っておらず,さらっと基本を学びたいと思っていました。

 

ネットでいろいろ調べてもよいのですが,

「詳しい人にコンパクトに教えてもらえると手っ取り早いな」

とも考えていました。

 

そんな時,友人が

アップルストアのセッションは,いろいろなことを学べるのでいいですよ。しかも無料!スマホから簡単に予約できるし,しょっちゅう参加していますよ」

と教えてくれました。

 

たしかにiPhoneを購入した時,セッションの案内をされたことを思い出しました。

しかし,いつどのようなセッションをやっているのかわからず,たまにアップルストアを訪れると,奥の方で何かやっているなーと思うくらいで,スルーしていました。

 

友人に言われたとおり,iPhoneの「Apple Store」アプリを開いてみると,画面の一番下に「セッション」という項目がありました。

そこには,最寄りのアップルストアで開催予定の様々なセッションが紹介されています。

 

「アートとデザイン」「写真とビデオ」「音楽,プログラミング」「ビジネス」「子ども・保護者向け」等のジャンルに分かれ,興味のあったiPhoneでの写真の加工や撮り方のほか,iPhoneの基本操作,Macの基本操作及び中級編,iPadを用いた絵の描き方,プログラミングなど,内容は多岐にわたります。

 

iPhoneiPadMac等,アップル製品の様々な使い方,楽しみ方をプロのスタッフが無料で教えてくれるので,この中から自分の興味があるものを選べばよいわけです。

 

時間は,30分~60分のコンパクトなものが多く,街に出て写真を撮ったり,スケッチをしたりといった内容でも90分程度。

都合があえば,隙間時間などに気軽に参加できそうです。

 

私が参加した写真の加工セッションも60分。

時間ピッタリに開始し,明快でわかりやすい説明を聞きながら,実際に写真の加工操作も行い,60分ピッタリで終了しました。

 

蛇足ですが,私は自分の時間も他人の時間も無駄にしたくなく,予定時間に遅れてスタートしたり終了予定を超えたりするのは嫌いなので,当たり前のようですが,このピッタリ開始&終了は好感が持てました。

 

私以外の参加者は,推定6070代の2人。

IT端末の操作はあまり得意でない様子でしたが,随時,質問しながら理解,満足して帰られたようです。現在,私は40代ですが,6070代になってあのように積極的に学ぼうという姿勢は見習わなければならないな,と思いました。

 

私自身は,一部既に知っている内容もありましたが,

iPhoneの写真加工の原理やワンタッチで簡単に見栄えする補正機能,書き込み機能,コピー機能と複製機能の違いなどを知らなかったので,大変勉強になりました。

 

また,終了後には,セッションに関係のない質問もいろいろ相談できたので,助かりました。

セッション参加を通してスタッフと顔見知りになると,気軽にいろいろ聞きやすくなるメリットもありそうですね。

 

2020年から小学校でプログラミングの授業が始まる予定であり,おそらくこれからの時代は社会人の基礎教養になるので,プログラミングのセッションに興味があります。

 

街歩きしながらiPhoneでの写真撮影法を学ぶセッションや,動画の撮影や加工もおもしろそうです。購入して3ヶ月になるMacの基礎編も学びたいです。

 

その存在を知っていても、活用している人は意外と少ないのではないでしょうか。

アップルストアのセッション,オススメです^^